ほもほも日記

ホモ本を愛するすべての人に・・・・
御案内
   このブログはボーイズラブと呼ばれる
   ホモ本の感想日記です。

右に表示中の日記タイトル
カテゴリー別
過去の日記 (月別)
BBS & BOOKLOG


   掲示板

   本棚(ブクログ)

   ミラーブログ


最新コメント
最新トラックバック
LINKS


  BL関連サイト

    Wonderful Life
    ゆすらうめ異聞
    never satisfied
    orange drop
    8月01日の妄想


  相互ブログ



  
OTHERS



JUGEM 広告エリア
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
極めて私的な BL界の三大がっかり
夏期休暇を利用して、シンガポールに行ってきました。
写真は世界三大がっかりの一つ、マーライオンです。
そんなにがっかりでもなくて、それががっかり(笑)



ちなみに世界三大がっかりの残り二つは、コペンハーゲンの人魚像と、ブリュッセルの小便小僧だそうです(シドニーのオペラハウス説もあり)
ということで、本日は私が感じたBL界の三大がっかりを。


1、 こなみ詔子 「青天ゴールドフィッシュ 」

青天ゴールドフィッシュ 1 (1)

「あねさんは委員長」に「おかあさんは刑事」、大好きでした。
競馬学校の話「ケンジ」もメッセージ性が高くて、とても考えさせられました。
「Kamui ― 神已」のラストは今読んでも言葉にならない思いがジワッと胸に広がります。
私の中で星よりも輝いていた漫画家・こなみ詔子さん。
BLの新刊をどんなに期待を込めて読んだことか・・・・・。

2、 那州雪絵 「間違いの恋」

間違いの恋

言わずと知れた「ここはグリーン・ウッド」の作者、那州雪絵さん。
あなたは光流派?それとも忍派?
友達と派閥が真っ二つに分かれたのも楽しい思い出です。私は光流派でした。
でも本当は二人とも、すきすきすきすきあいしてる (オマエは一休さんか!)
BLも悪くないのですが、もっと萌える作品を生み出せる作家だと、誰もが思っているはず。

3、 高河ゆん 「KILL ME」

マガビーで連載がはじまった「KILL ME」、本当に再開されるんでしょうか?
単に掲載誌の事情での連載ストップなのだと思いますが、高河ゆんさんだけに・・・・・。
未完の女王という不名誉な称号は、そろそろ返還して欲しいなぁ、と。
完結せずにフェードアウトされるほどガッカリなものはなし。

どの作家さんも、他が目に入らなくなるほど大好きだった時期があってこそのガッカリなんですよね。
再び夢中にさせて欲しいという、愛が強いがうえの失望なのでしょう。
ファンのやっかいなアンビバレンツ。
| コミック | 00:00 | comments(14) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
山のその奥に里があった話
先週、50万ヒットを迎えさせていただきました。
いつも「ほもほも日記」を御覧いただいている皆様、本当にありがとうございます。
50万って、ものすごい数ですよね。 政令指定都市になれる人数ですよ!
多くの方々に支えてきていただいたことを、深く感謝致します。

何か記念日記を・・・と思ったのですが、50万に関する作品が、考えても出て来ず。
「ネタがぁ、ネタがぁ〜」と苦しんでみたものの、なーんにも出てこなかったので、苦肉の策、ボツ日記を蔵出しさせていただきます。
なぜ書いた当時にアップしなかったか、それは・・・・・・、内容が下品なので躊躇したから!

50万という素晴らしい記念を機に、私はひとつ殻を打ち破ります。
それでは、どうぞ。 (ドキドキドキドキ)

今日のホモ

「花にて候」 日の出ハイム ビブロス ビーボーイコミックス

戦いに身を投じる運命の少年。
生きるか死ぬかの瀬戸際で交わされた忍者の初恋。
自由を奪われた時代の“禁忌”に秘められた隠れキリシタンとの逢瀬。
天狗の子が見せる、お伽噺めいた絵巻物・・・。
古の風薫る、きっと涙がこぼれる、切ない恋愛読み切り集。


読み終えた感想。
受けのナニが、「きのこの山」に似てる。
短編2作目「ランテルディ」の68ページ、攻めにまたがる受けから生えてる、それ。
これはどう見ても、きのこのこのこ たぬきのこー♪

日の出ハイムさんは今、一番注目の新人さんではないでしょうか。
8月にビブロスから「ファーラウェー」、9月に同じくビブロスから本作、10月に海王社から「それもこれもが恋ってもんだろ。」と、3ヶ月連続でコミックが発売されました。
素朴でかわいい絵柄なのですが、かなり露出があります。きのこ。

他の作品は現代モノなのですが、この作品は1冊すべて時代モノです。
同人誌からの再録なので、ちょっと線が太くて画面が濃いかも。
商業誌に掲載された「ファーラウェー」の方が、線がスッキリしていて読みやすかったように思いますが、時代モノがお好きな方はこちらで。
どちらも短編集ですが、エロ度は「花にて候」の方が上でした。
物語がはじまるやいなや、発射してる作品もありました。
さすが「花にて候」だけに、そうろ・・・・ (みなまで言うな!!)

今年注目の新人さんで、「きのこの山」が日の出ハイムさんだとすると、「たけのこの里」はトジツキハジメさんでしょうか。
「and sheep」という短編に出てきた受けの尻尾が、「たけのこの里」そっくりでした。
残念ながら、受けのキノコ(比喩)は、たけのこではありませんでした(笑)

昨日買ってきた「たけのこの里」、箱を開けたらメッセージがあって目が釘付けに。



意味深だなぁ・・・・・。


〜 付け足し文 〜
昨年の12月に書いた日記なので、現在の「たけのこの里」のパッケージに同じ文字は無いと思います。 あれから買ってないので、わかりませんが。
日の出ハイムさんは今年に入って新刊が出ないなぁと思っていたら、来月に海王社から新刊が出るみたいです。
トジツキさんもコンスタントに作品を発表されてますし、どちらも定着された感があります。

花にて候    ビーボーイコミックス   白猫
| コミック | 00:00 | comments(14) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
ボーイズラブと販売戦略
シャレードが狂った・・・・・。

先月の新刊がこれで。

妖樹の供物

今月の新刊がこれ。

驕る僕を愚かに抱いて

シャレード文庫にいったい何が起こっているのですか!?
今までのシャレード文庫は、きちんと服を着た表紙ばかりだったので、急な変化に驚くやら戸惑うやら。
少し受けの服がはだけたくらいの露出なら、「シャレードも色気づいてきたのね、ヲホホ・・・」と暖かく見守るのですが、全裸も全裸、攻めの手をパンツ代わりに使ってみましたって。
んまぁ、んまぁ、破廉恥ざますわ!(笑)

狂ったは冗談にしても、「シャレード文庫」というレーベルが今まで作り上げたイメージが、私の中で崩れつつあります。 もっと節度ある印象だったのに。
「シャレード文庫なら」と信頼して買っていた層に、レーベル買いをためらわせるインパクトが、ここ数ヶ月の表紙にはあったのでは?
BL本を大量に買っている人の傾向を見ると、まず最初に作家買いで、次にレーベル買いが多いように思います。
少なくとも私はそうで、シャレード文庫やディアプラス文庫の新刊を迷ったあげく全部買うことはあっても、プラチナ文庫ではないなど、レーベルによって購買が左右されます。
(これは私の好みのレーベルなので、逆もまたしかりでしょう)

一人の社会人として今回思ったことは、あーあ、もったいないな・・・・と。
どの企業もブランドのカラーを消費者に伝えるのに、どれだけの宣伝広告費をかけ、どれだけの労力を割いていることか。
なぜブランド(レーベル)の築いてきたイメージを壊すようなことをするのか、不思議でなりません。

概念で話をすると伝わりにくいので、例えに化粧品を使ってみますと、「マキアージュ」と「化粧惑星」は同じ資生堂のブランドですが、明確にコンセプトが違います。
まず最初にターゲットが違って、「マキアージュ」は20代後半からの働く女性で、「化粧惑星」はもっと若いでしょう。 (私は化粧品業界の人ではないので、違ってたらごめんなさい)
その違いとイメージを消費者に正確に届けるために、化粧品の色味の決定、値段の設定、流通媒体(メインは百貨店かコンビニか)、CMモデル、すべてがブランドカラーに沿うように細心の注意を払って決められていくはず。
今回シャレードがやったことは、「マキアージュ」のCMにモーニング娘。を起用したようなもの。 一瞬注目されるかもしれませんが、ブランド作りとしては終わってる。

素朴な疑問ですが、表紙に裸を載せたら売り上げってあがるんでしょうか?
もしそうだとしても、それは一時的なカンフル剤で、レーベルを根幹から支える永続的な力になるとは思えないんですが・・・・・。
エロエロレーベルに変わるつもりがないならば、一時的に得るものより、長い目で見て失うものの方が大きいような気がします。
今、シャレード文庫はどの方向に進むか、暗中模索しているのかもしれませんが、好きなレーベルだけに迷走しているうちに衰退しないことを願うばかり。

最近の「表紙は絡み絵、男の裸を出しとけ」という風潮は、私はどうも好きじゃないです。
エロレーベルなら理に適っているので、それもありだと思うのですが、それ以外のレーベルまで売れるからといって追随するのは、何か違うだろうと。
シャレードのマーケティングの下手さが、なんとも歯がゆくて・・・・・。
レーベルカラー、大切にして下さい。
| 小説 | 00:00 | comments(18) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
二人じゃないって 素敵なことね〜♪
さぁ、皆さん御一緒に。

「3Pかよ!!」

今日のホモ

「是 - ZE - 」 第21話 志水ゆき 新書館 Dear+8月号掲載

雷蔵が勤める屋敷に、年一度のメンテナンスで紙様と言霊様が続々と到着。
その中でひときわきらきらしく賑やかなのが、月斗と星司の双子の言霊様と、ふたりの紙様・初陽の一団。
双子は二人でひとりぶんの力しかないため、紙様も初陽ひとりを共有している。


小泉首相は「三位一体の改革」を掲げて、構造改革に取り組んだ。
志水ゆきは「三位一体の肉欲」を描いて、新規作風に取り組んだ。

どちらも素晴らしい志であった!
ありがとう! ありがとう!

以上。


・・・・・だけではさみしいので、3P作品リストを作ってみました。
今、私が確認できた分だけのリストですので、他にもまだまだあると思います。
これ以外の3P作品を御存知の方は、コメント欄にて補完していただけると嬉しいです。
御存知の作品がありましたら、ぜひ御協力よろしくお願い致します。

(8月3日に、補完していただいた分を追記しました。御協力ありがとうございました!)

長くなったので、折りたたみますね。
続きを読む >>
| コミック | 00:00 | comments(40) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
三角関係、お好きですか?
爽やかな三角関係なんて、嘘なのであります。
「タッチ」や「みゆき」などのアニメに感化され、恋のトライアングルってロマンチック・・・・・と憧れていた若き日の私よ、現実を見るんだ!(笑)
あれらは、あだち充が渾身の力を込めて作り上げた夢物語なのじゃよ〜。

私自身は三角関係に巻き込まれたことは無いのですが、友人達の恋愛模様をいくつも見ているうちに、恋のトライアングルに対する夢や憧れは粉々に砕け散ってしまいました。
恋愛って多角形になると、負の感情が滲み出てきてドロドロしますよね。
互いが互いだけを見ている一本の線の状態が、一番幸せで、恋愛の醍醐味を味わえる形なんだと思います。

今日のホモ

「初恋」 水原とほる(絵・片岡ケイコ) 大洋図書 SHY NOVELS 

港町で育った多伎にはふたりの親友がいた。
無口だが包容力のある洋人と、裕福な家庭に育ちストレートに愛情を表す隆晴だ。
生まれも育ちもばらばらの三人だったが、多伎を中心に三人はいつも一緒にいた。
だがある日、隆晴が多伎に気持ちを告げたときから、三人のバランスは崩れてしまい!?


大抵のBL作品には、「あて馬」という第三の男が登場するのですが、三角関係とはちょっと違うように思います。
あて馬が同等の恋のライバルになれることはほとんど無く、二人の恋のスパイスに使われるのが関の山。
あて馬にチューされた受けが、「俺は攻めじゃないとダメなんだ!」と気付いたり。
あて馬に受けのことが好きだと宣言されて、焦った攻めが受けに告白したり。
受けと攻めの恋を成就させるために存在する人であって、あて馬に受けの恋人になれる可能性はありません。

そういう目で見ると、ボーイズラブというジャンルは三角関係が成り立ちにくい特殊なジャンルなのですが、これなら三角関係と言えるかな?と思ったのが、この作品です。
受けの初恋の人を攻めAとするなら、受けの恋人は攻めB。
そして3人は仲の良い、親友と呼びあえる関係です。
最初の頃は、「攻めBと付き合ったけど、やっぱり初恋の攻めAが好きだと気付く話なんじゃないの〜、攻めBがあて馬なのね」 と思って読んでいたのですが、物語が進むにつれて、どんどん雲行きがあやしく・・・・・。

今の恋人と別れて初恋が実る話なのか、初恋は実らず恋人と幸せになる話なのか、途中でどちらに転ぶのかわからなくなりました。
攻めAと攻めBのシーソーが揺れて、二人の力が均衡になった瞬間がありました。
どちらとうまくいってもおかしくない、でもどちらとくっついても心から良かったねと思えない、痛みが残る展開。
現実の三角関係の結末を聞いた時のような、残った一人のことを考えると100%喜べない割り切れなさ、少し感じる後味の苦さが、この作品の持ち味かと思います。

こういう作品は、私は嫌いじゃないです。
創作だから苦しまずに味わえる、創作ならではの恋愛模様。

初恋
| 小説 | 00:00 | comments(14) | trackbacks(3) | ↑PAGE TOP

<< 2/63 >>