ほもほも日記

ホモ本を愛するすべての人に・・・・
御案内
   このブログはボーイズラブと呼ばれる
   ホモ本の感想日記です。

右に表示中の日記タイトル
カテゴリー別
過去の日記 (月別)
BBS & BOOKLOG


   掲示板

   本棚(ブクログ)

   ミラーブログ


最新コメント
最新トラックバック
LINKS


  BL関連サイト

    Wonderful Life
    ゆすらうめ異聞
    never satisfied
    orange drop
    8月01日の妄想


  相互ブログ



  
OTHERS



JUGEM 広告エリア
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
これがホントの18禁本
「性描写が激しいので18才未満はダメよ」ということではなくて、働いた経験のない学生さんが、この登場人物たちに感情移入するのは難しいだろうなぁ、ということです。

このホモ本は、もう少し、オ・ト・ナになってから・・・・、ね(笑)

今日のホモ

「普通の男(ひと)」 榎田尤利 成美堂出版・クリスタル文庫

ある夜、コンビニでラストのおにぎりを譲ってくれた親切な会社員、それが偶然にも再就職先の出版社で営業をしている的場だった。
自分たちを「普通」と信じて疑わないサラリーマンの花島と的場が、何度も心の変化を否定しながらも恋に落ち、戸惑いながら発展する。


どこにでもいそうな、電車で隣に立っていそうな、そんな普通の会社員たちの物語です。
的場は38歳の営業マンだし、花島は前の会社が倒産して転職してきた32歳の編集職。
ボーイズラブ界のカップル平均年齢からすると、かなりの御高齢カップルです(笑)
そして、BL界で勢力をふるっている、一流企業のエリートやエグゼクティブとは大違いの、中堅企業のサラリーマンです。
すごーく地味です。これほど華のない地味な設定は異色に思えるほど。
しかし、こんな小説の方が、私は安心して読むことができます。

薄っぺらい内容のキラキラ・ヤンエグ話を読んだ時に、特に思うのですが、たとえBLとはいえ、取材しないで創作した話はダメだと思います。
「将来を期待される有能なエリート」と文中で紹介されても、あまりにも稚拙な仕事の描写をされると、そこで夢から覚めてしまいます。
小説はあくまでも作り物だけど、読者に夢を見せるなら、もっと上手に見せてよ・・・・・と思うのです(今日は辛口やな〜)
作家本人が会社員の経験がなくても、実際に企業に勤める人間に話を聞いてみたり、チェックしてもらったら、自分がどんな変なことを書いてきたか気づくはず。
小説を書くなら、簡単な取材くらいしてくれ〜。

それにひきかえ、榎田さんの作品の登場人物は、本当に働いている雰囲気が伝わってきます。企業というものを肌で感じたことのある人なんだろうなと思います。
バケの皮がボロボロはがれてくるエリート話よりも、きちんと書き込まれている普通の会社員の話の方に、私は好感を持ちます。

この作品の中で主人公が、「あんなにも容易く自分の未来を夢見られたのは、なぜだろう。そしていつから、夢を抱きしめた腕の力を抜くようになったのか」と思うシーンがあるのですが、なんかこう、ぐっとくるものがありました。
私は10代では、この心境はわからなかった・・・・。
自分は特別だけど、特別じゃないことに気づいた大人が読むと、心に染みる作品だと思います。
| 小説 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(5) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | ↑PAGE TOP



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://homo2.jugem.cc/trackback/78
トラックバック
普通の男
榎田尤利&宮本佳野(光風社出版クリスタル文庫) 実は思いっきりツボで驚いた作品。で、何がそんなに好みなのかと言うと「オヤジCP」だというもうそれだけでおもしろかったです。今回のような設定と内容は好き嫌いは別れると思うんですけど、個人的にはめちゃくちゃ好
| B-Life.SS | 2004/12/05 12:52 AM |
『普通の男』
『普通の男』  榎田尤利(宮本佳野)   光風社出版 クリスタル文庫 (2003/11) Amazonで詳細を見る 揺さぶられ続けた心は無防備に柔らかく耕され、ふんわりしたその土の上に、名前も知らない植物の種がぽとりと落ちる。それが芽を出してしまうのが、光也は不安
| 月と凌霄花 | 2005/08/08 9:47 PM |
◆ 普通の男
◆普通の男(ひと) (榎田尤利/光風社出版/クリスタル文庫) 夜のコンビニで最後
| 日々、腐女子。 | 2005/09/07 1:28 AM |
普通の男。普通の「枠」を越える瞬間。
「普通」という言葉はみんな使う。自分の中にある「枠」の中か外かという判断。 もう若くもない「普通」のサラリーマン同士が出会って、惹かれあって、でもその感情に名前をつけようとすると「普通」ではなくなってしまう・・・。 榎田さんはずっと前にジュネに魚住
| 腐母の会 | 2005/12/16 11:40 PM |
普通の男
普通の男(ひと)榎田 尤利 光風社出版 2003-10売り上げランキング : 22274Amazonで詳しく見る by G-Tools 10月に続編が出るみたいなので、手に取ってみました。 この手の話を飽きさせずに読ませる榎田先生、さすがです。 考え
| にゃんこのBL徒然日記 | 2006/09/13 12:05 PM |