ほもほも日記

ホモ本を愛するすべての人に・・・・
御案内
   このブログはボーイズラブと呼ばれる
   ホモ本の感想日記です。

右に表示中の日記タイトル
カテゴリー別
過去の日記 (月別)
BBS & BOOKLOG


   掲示板

   本棚(ブクログ)

   ミラーブログ


最新コメント
最新トラックバック
LINKS


  BL関連サイト

    Wonderful Life
    ゆすらうめ異聞
    never satisfied
    orange drop
    8月01日の妄想


  相互ブログ



  
OTHERS



JUGEM 広告エリア
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
「火曜サスペンス劇場」ホモ
3日間、忙しくてホモ断ちを余儀なくされていました。
でも読む予定のホモ本が山積みになっているのは、見ていてちょっと幸せ♪
時間ができたらガツガツ読んでいきます。ええ、ブルトーザーのように!

今日のホモ

「骸谷温泉殺人事件」 五百香ノエル(絵・松本花) 新書館・ディアプラス文庫

宮古天音は、ジミーな作品を書いてるミステリー作家。
初ドラマのロケ地、六久路谷温泉に付いてきて浮名聖に会ってしまった。
浮名は売れっ子の同業者で、学生時代からの知り合い。
昔っから天音にだけ可愛げのない彼とは犬猿の仲。
妙な緊張感が漂う中で、殺人事件が!!


8月は待っていた新刊がいっぱい出るので御機嫌なのですが、その楽しみにしている新刊のシリーズ1冊目です。
タイトルだけ見ると本格派ミステリーのようですが、れっきとしたボーイズラブ小説です。
間違って買った人、憐れ!(笑)
このシリーズは、「骸谷温泉殺人事件」→「天秤座号殺人事件」→「死神山荘殺人事件」と続きます。
4冊目の「死ノ浜伝説殺人事件」は、今週末に発売予定です。はやくこいこい土曜日。

このシリーズを一言で紹介すると「火サス・ホモ」です。
殺人事件と銘打たれていますが、ミステリーというほどのトリックや謎解きはなく、ミステリー風ドラマと表現するのが一番近いかも。
ミステリー作家の宮古天音(受け)が、後輩作家である浮名聖(攻め)と殺人事件を解決していくストーリーです。
本格派ミステリー好きの人が読んだら怒るかもしれませんが、娯楽小説としては良くできていると思います。
二人のラブあり、お約束あり、殺人事件もありなので、まさしくホモ版「火曜サスペンス劇場」というかんじ。
是非とも「火サス」で取り上げて欲しい作品です。アイドルの入浴シーンもありますしね(笑)
視聴率がとれるかどうかはわかりませんが、火サスに新しい風が入るのは間違い無いでしょう。

五百香ノエルさんの作品は、あたりはずれが激しいので、作家としておすすめはしません。
男性向けエロより、もっと気持ち悪いエロエロ本もありますし。
そのエロ本は、あらすじを読んだだけで脱力してしまうので、すぐにわかります。
私は初期作品に好きなものが多いですが、初期作品群は底暗くって好き嫌いが分かれると思うので、未読の方にはまず「殺人事件」シリーズをおすすめします。
五百香さんは、ファンタジーあり、ミステリーあり、耽美系あり、ほのぼのあり、どエロあり、どのジャンルも書けるとても器用な作家です。
| 小説 | 00:00 | comments(4) | trackbacks(3) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | ↑PAGE TOP



コメント
秋花さんこんばんは。
火サスで取り上げて欲しい、そこまで行っちゃいますか!(笑)
現実の火サスは終わっちゃうんでしたっけ? 視聴率が取れないっていうのは死活問題なんですね〜やはり…。
天音や浮名原作のドラマなら私たちみたいな読者が観るかもしれない、天音と浮名じたいが登場するこのシリーズのドラマならかじりついて観るかもしれませんね(笑)

以前読んだ五百香さんの本はBLとは思えない方向へエロも含めて走っていった作品で、以来避けてたんですよね…。
作品層が広いということなので、よさげなの探してトライしてみようと思います。
| 秋月 | 2005/08/10 10:15 PM |
秋月さん、おはようございます。
現実の火曜サスペンス劇場って、終わっちゃうんですか! ええ〜っ、残念です。
ここ10年くらい見た記憶は無いのですが、でも終わってしまうと聞くとさみしいです。
小学生の頃、毎週見ていたので。

このシリーズ、放送したら結構良さそうじゃないですか〜?(笑)
火サスって犯人も展開もすぐわかってしまうので、「驚き」に欠けると思うんですよね。
そこで、カンフル剤としてのホモですよ!!
主人公2人が実は相思相愛。お茶の間の皆様もビックリ。ホモ探偵シリーズ。

以前読まれた五百香さんの作品って、りぼんシリーズですか?
五百香さんはたまに、どこに向かっているのかわからなくなる作家ですよね(笑)
私のオススメはショコラノベルズから出ている「優・等・生」と「天国までもうすぐ」です。
「天国まで〜」はイラストが藤たまきさんなので、秋月さんに気に入っていただけるかも。
| 秋花 | 2005/08/11 8:17 AM |
お返事ありがとうございます。
なんでも終わっちゃうらしいです。又聞きなんですが。だから船●さんがバラエティによく出てくるようになっている、と微妙に信憑性のある理由がついてます(笑)
私もしばらく見てませんが、本当になくなってしまうと寂しいですよね。
お茶の間の皆さん、ビックリしまくりですよ。私たち的にはオイシイですけど(笑)

なんでわかっちゃうんですか? その本は挿絵に引かれて読んだのですが、私はちょっと合いませんでしたね…。
たまきさんが挿絵、ちょっと検索してみたら興味を引かれるあらすじです。探し物リストに入れておきます!
ありがとうございました!
| 秋月 | 2005/08/11 9:40 PM |
>秋月さん
秋月さん、こんばんは。
やはり「りぼん記念日」でしたか〜。
挿絵かわいかったですよね。確か穂波ゆきねさんだったはず。
でもそれに反して、中味は・・・・・。

「私はちょっと合いませんでした」という秋月さんのコメントを拝見して、なんて大人な書き方なんだろうと感動しました。
私の友達は「吐きそうになったわ!!」と言い放ち、本を投げ捨てんばかりでしたよ(笑)

「天国(てっぺん)までもうすぐ」は7〜8年前の作品で、もう本屋には無いと思うので、古本屋で探してみて下さいね。
あと「木犀荘に棲む永遠」も良かったのを思い出しました。
これは数年前に文庫化されたので入手しやすいと思います。
| 秋花 | 2005/08/15 11:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://homo2.jugem.cc/trackback/44
トラックバック
骸谷温泉殺人事件-MYSTERIOUS DUM!1-/五百香ノエル(松本花)
ケンカするほど仲がいい 天音と浮名、みどりと桑名、温泉維持派と推進派。それぞれ3つの対立する個人(団体)から物語は始まります。 誰よりもお互いを認めてるのに、表面上は絶対にその事実を認めない天音と浮名はとんでもなく意地っ張り。 悪く言うことで浮名に自分の存
| Lete raha | 2005/07/01 9:51 PM |
『骸谷温泉殺人事件』
『骸谷温泉殺人事件』  五百香ノエル(松本花)   新書館 ディアプラス文庫 (1999/06) Amazonで詳細を見る宮古天音は本名と同じPNの本格ミステリー作家。緻密で重厚な構成と世界観をもつ彼の作品数は少なく、あまり売れてはいないもののコアなファンを持つ。
| 月と凌霄花 | 2005/08/08 11:28 PM |
[BLS]骸谷温泉殺人事件〜MYSTERIOUS DAM!
五百香ノエル&松本花(新書館ディアプラス文庫) 五百香先生の作品については色々と思うところがある中で、このシリーズは気に入って買い続けている作品です。タイトルがちょっと物々しいので最初に見ると首を傾げてしまうかもしれませんが、至ってドタバタ...
| B-Life.SS | 2006/06/09 2:15 AM |