ほもほも日記

ホモ本を愛するすべての人に・・・・
御案内
   このブログはボーイズラブと呼ばれる
   ホモ本の感想日記です。

右に表示中の日記タイトル
カテゴリー別
過去の日記 (月別)
BBS & BOOKLOG


   掲示板

   本棚(ブクログ)

   ミラーブログ


最新コメント
最新トラックバック
LINKS


  BL関連サイト

    Wonderful Life
    ゆすらうめ異聞
    never satisfied
    orange drop
    8月01日の妄想


  相互ブログ



  
OTHERS



JUGEM 広告エリア
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
ボーイズラブと販売戦略
シャレードが狂った・・・・・。

先月の新刊がこれで。

妖樹の供物

今月の新刊がこれ。

驕る僕を愚かに抱いて

シャレード文庫にいったい何が起こっているのですか!?
今までのシャレード文庫は、きちんと服を着た表紙ばかりだったので、急な変化に驚くやら戸惑うやら。
少し受けの服がはだけたくらいの露出なら、「シャレードも色気づいてきたのね、ヲホホ・・・」と暖かく見守るのですが、全裸も全裸、攻めの手をパンツ代わりに使ってみましたって。
んまぁ、んまぁ、破廉恥ざますわ!(笑)

狂ったは冗談にしても、「シャレード文庫」というレーベルが今まで作り上げたイメージが、私の中で崩れつつあります。 もっと節度ある印象だったのに。
「シャレード文庫なら」と信頼して買っていた層に、レーベル買いをためらわせるインパクトが、ここ数ヶ月の表紙にはあったのでは?
BL本を大量に買っている人の傾向を見ると、まず最初に作家買いで、次にレーベル買いが多いように思います。
少なくとも私はそうで、シャレード文庫やディアプラス文庫の新刊を迷ったあげく全部買うことはあっても、プラチナ文庫ではないなど、レーベルによって購買が左右されます。
(これは私の好みのレーベルなので、逆もまたしかりでしょう)

一人の社会人として今回思ったことは、あーあ、もったいないな・・・・と。
どの企業もブランドのカラーを消費者に伝えるのに、どれだけの宣伝広告費をかけ、どれだけの労力を割いていることか。
なぜブランド(レーベル)の築いてきたイメージを壊すようなことをするのか、不思議でなりません。

概念で話をすると伝わりにくいので、例えに化粧品を使ってみますと、「マキアージュ」と「化粧惑星」は同じ資生堂のブランドですが、明確にコンセプトが違います。
まず最初にターゲットが違って、「マキアージュ」は20代後半からの働く女性で、「化粧惑星」はもっと若いでしょう。 (私は化粧品業界の人ではないので、違ってたらごめんなさい)
その違いとイメージを消費者に正確に届けるために、化粧品の色味の決定、値段の設定、流通媒体(メインは百貨店かコンビニか)、CMモデル、すべてがブランドカラーに沿うように細心の注意を払って決められていくはず。
今回シャレードがやったことは、「マキアージュ」のCMにモーニング娘。を起用したようなもの。 一瞬注目されるかもしれませんが、ブランド作りとしては終わってる。

素朴な疑問ですが、表紙に裸を載せたら売り上げってあがるんでしょうか?
もしそうだとしても、それは一時的なカンフル剤で、レーベルを根幹から支える永続的な力になるとは思えないんですが・・・・・。
エロエロレーベルに変わるつもりがないならば、一時的に得るものより、長い目で見て失うものの方が大きいような気がします。
今、シャレード文庫はどの方向に進むか、暗中模索しているのかもしれませんが、好きなレーベルだけに迷走しているうちに衰退しないことを願うばかり。

最近の「表紙は絡み絵、男の裸を出しとけ」という風潮は、私はどうも好きじゃないです。
エロレーベルなら理に適っているので、それもありだと思うのですが、それ以外のレーベルまで売れるからといって追随するのは、何か違うだろうと。
シャレードのマーケティングの下手さが、なんとも歯がゆくて・・・・・。
レーベルカラー、大切にして下さい。
| 小説 | 00:00 | comments(18) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | ↑PAGE TOP



コメント
私も思いましたよ〜・・!! 
先月はまぁ許せても、今月はヤバイやろうと・・!(^_^:)
何をトチ狂ってしまったのかと思いました・・w(汗)
シャレードなのに・・・CIELのロゴが変わった時ぐらいショックですよ・・。(?)
でも来月「しあわせにできる」が発売だし楽しみですvvv
| ひゆ | 2006/08/01 1:17 AM |
初めまして、秋花さん。

シャレードは堅実でマイペースなレーベルだと思っていました。発売日が被るのでラヴァーズに負けじと頑張っちゃったんでしょうか・・・。ラヴァーズ最近好調そうですから、奈良先生効果もあると思われますが。表紙に煽られて買っても、でもヤッパリ内容も安定してるんですよ。エロだけじゃなくて。シャレードはシャレードで良いじゃないですかねぇ。私は好きだけどなぁ〜。

来月の「しあわせにできる」はキッチリ服を着込んでいること間違いなしです。他2冊もまず大丈夫だろうと・・・。

突然お邪魔してスイマセン。
また、遊びに来ます。
| 櫻井サクラ | 2006/08/01 8:26 AM |
丁度雑誌シャレード9月号を買ったばかりで、秋花さんと全く同じ事を思ったもので、たまらずまたお邪魔しちゃいました。かつてキス止まりの「許可証」を新人賞で佳作に選んだストーリー重視?のシャレードなのに、最近の新人賞受賞作はただエロエロで(主観ですが)、そこからシャレード専属?作家さんが育っていってるので、なんだかこのままエロだけ路線をつっぱしっちゃいそうな気がします。ところでこの2冊、秋花さんは買ったんですか?
| かくれんぼ | 2006/08/01 4:31 PM |
販売促進どころか減退ですよね。恥じらいとは縁遠くなった私ですら、売り場で「ひぃぃっ」と引きましたもの。裏返してあらすじを見る勇気も出ません。エロを求めて買う場合もありますが、腐ってても女ですから、レジに出しにくい激しい表紙はやめてもらいたいものです。編集長でも変わったのでしょうか。シャレードは働く人たちの真面目な恋愛が良かったのに、残念です。
化粧品の例え、よくわかります。万民向けの商品なんてあり得ないのだから、それぞれのコンセプトを大事にしてほしいですよね。
| pina | 2006/08/01 5:49 PM |
秋花さん今晩は。

先日「蛇淫の血」でTBをさせて頂きましたが、お言葉に甘えまして、今後は「さん」付けでお邪魔をさせて頂きますね。

前置きが長くなりましたが、私も、ここ最近のシャレード文庫の表紙には驚いていましたので、化粧品を例えにしたお話には、「そうよね〜。そうなのよね〜。」と、勝手に同意をさせて頂いておりました。

視覚的なエロにばかり走り、作品そのものの完成度までもが疎かになるような事だけは、避けて頂きたいと祈るばかりです。
| ハスイ | 2006/08/01 9:07 PM |
秋花さん こんばんは!
私もあの表紙は恐ろしくて手に取れませんでした…。シャレードは地味…もとい、シンプルな装丁で上質なシリーズものを多く発行している安定感のあるレーベルのイメージがあったので正直ちょっとガッカリ…てのはありますよね。
中味がある程度過激だったりエロエロだったり(笑)は全然許容範囲ですが、私のようにほとんど本屋買いしてる小心?な腐女子の勇気を試すような表紙は勘弁してほしいです…(泣)
| ゆちゅらぶ♪ | 2006/08/01 9:53 PM |
シャレードのあまりにもポルノな表紙には、手がでませんでした。イラストは綺麗だけど、表現は節操がなさすぎますね。視線を向けるのも恥ずかしくて、他の文庫を確認しずらかったです〜。
かなり過激なポルノ文庫叢書でも、表紙や挿絵を女性好みにしてとりこもうとするものです。
内容は過激でも、表紙は思わず手にとるような魅力的な工夫をしていただきたいものですね。
もしも表紙を過激路線でいこうとするなら、全裸の絡みを出さずとも、淫靡な装丁は可能です。ジョルジュ・バタイユの眼球譚のように、作家の知名度と題名だけで非常なインパクトのある場合には。
それが装丁だと思います。
基本的には文庫買いなのですが、題名が視界に入り、表紙で手にとり、文体が好みで、なおかつ魅力的なストーリーだと、数千円の書籍でも買いです。書痴とは、そんなものです。
文庫のレーベルが消えるのを数多見て嘆いてきました。シャレードさんには、渇!ですね。
固い文章で書き散らしました。失礼しました。ごめんね?
| 秋 | 2006/08/01 10:17 PM |
>ひゆさん
ひゆさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

「何をトチ狂ってしまったのか」というひゆさんのコメントに、「これだー!」と思いました。
「シャレードが狂った」という表現より、「トチ狂った」という表現の方がピッタリきますね。
おお〜、私が求めていた表現はこちらです。 しっくりくるなぁ♪

「しあわせにできる」がもうすぐ発売なんですね。
私は本誌で追いかけているので、文庫は買っていないのですが、もう10巻ですよね。
読むたびに「本田さん過労死しないで・・・・」と思ってしまいます(笑)
| 秋花 | 2006/08/09 1:14 AM |
>櫻井サクラさん
櫻井サクラさん、はじめまして。
コメントありがとうございました。

シャレードの発売日って、ラヴァーズ文庫の発売日と被っているんですか!
私はラヴァーズ文庫は夜光花さんしかチェックしていないので、気付きませんでした。
対抗意識でシャレードは迷走をはじめたのかな・・・・・。
櫻井サクラさんのおっしゃる通り、私もシャレードはシャレードでいいと思うんですけど、なかなか読者の気持ちは届きませんね。

ラヴァーズ文庫は奈良千春さん効果で、最近好調なんですね。 奈良さん、すごい!
言われてみると、毎月のように奈良さんの表紙を見ている気がします。
そして確かに、奈良さんの表紙には買いたくなる引力があります。結構買ってます。

来月のシャレード文庫は大丈夫そうなんですね。良かった〜。
「しあわせに〜」の本田さんが脱いでくれるなら、それはそれで楽しそうではありますが(笑)

またぜひ遊びに来て下さい。お待ちしてます♪
| 秋花 | 2006/08/09 1:17 AM |
>かくれんぼさん
かくれんぼさん、こんばんは。
こちらにもコメントありがとうございます。

私もシャレード本誌を買っているのですが、好きな作家の作品だけしか読んでないので(汗)、最近の受賞作がどんな傾向なのか知りませんでした。
最近の新人賞受賞作がエロエロだったとは!
シャレードの方針、変わったんですね・・・・・。

この2冊、上は新人さんなので試し買いしましたが、まだ読めてません。
下のは買ってません。こちらはとりあえず買う予定は無いです。

「たまらずまたお邪魔しちゃいました」なんて、嬉しいです。大歓迎です。
よろしければ是非、これからも書き込んでくださいね v
| 秋花 | 2006/08/09 1:23 AM |
>pinaさん
pinaさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

販売促進になってませんよね! 私達にとっては減退ですよね!(笑)
私は上の「妖樹の供物」は持っているのですが、本屋で手に取ることができませんでした。
負けた気分でネット買いです(笑)
シャレードの新人さんなので、一応信用して買ってみたのですが、この信用が吉と出るか、凶と出るか・・・・・。

化粧品の例えは、あまりにも長かったので一度バッサリと削除したのですが、今度は言葉足らずになったので復活させました。
「よくわかる」と言っていただけて、復活させて良かったと心強く思いました。ありがとうございます!
| 秋花 | 2006/08/09 1:25 AM |
>ハスイさん
ハスイさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

私もこれから「さん」付けで呼ばせていただきますね。
不躾なお願いをきいていただき、ありがとうございました♪

ハスイさんもここ最近のシャレード文庫の表紙には驚いてらっしゃったんですね。
今までがおとなしかったので、あまりにも落差が激しすぎて、私は狐につままれたような気分になりました。
シャレードはストーリーのしっかりした作品を多く出している、好きなレーベルだったので、これから劣化しないで欲しいと同じく祈るような気持ちです。
| 秋花 | 2006/08/09 1:26 AM |
>ゆちゅらぶ♪さん
ゆちゅらぶ♪さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

あの表紙は、でら恐ろしかったですよね・・・・・。
私は遠目では気付かなかったので、いつものようにBL本の新刊コーナーに近づいたのですが、よく見えた時点でギョッとしてそのまま素通りしてしまいました。
こんなこと、はじめて〜(笑)

ビデオレンタル店で、間違えてアダルトコーナーに突入してしまった時のような、ギョッとしたあと冷や汗が出るような感覚をBLコーナーで味わうとは。
「なにしてくれんねん、シャレード!」と思いました。
確かに腐女子の勇気、試されてました(笑)
| 秋花 | 2006/08/09 1:27 AM |
>秋さん
秋さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

シャレードのあの表紙は、年季の長いホモ本買いの私でも驚いたくらいですから、日の浅いBL読者の方はもっとビックリされたのではないでしょうか。
秋さんも視線を向けるのも恥ずかしいと感じられたのですね。

ジョルジュ・バタイユの「眼球譚」は見たことが無いので、例として挙げられているのでしょうが、よくわかりませんでした。
装丁に関しては、絡みじゃなくて淫靡な雰囲気がムンムンしているだけの装丁も、私は手に取りにくいです。
匂い立つように耽美なものも、個人的にはパスかも・・・・。

秋さんは気に入られると数千円の書籍でも買われるんですね。
私はよっぽど惚れ込んだ作家でないと、数千円の書籍は買わないです。
写真集や画集、専門書はそれくらいの値段でも当たり前なのですが、娯楽のための本は2000円未満(千円台)で収まって欲しいなと思います。
たまに高い本も買いますが、BLが5冊買えるなぁ〜なんて換算してしまう貧乏根性(笑)
| 秋花 | 2006/08/09 1:35 AM |
初めまして、ここに書き込みをするのは初めてですが、シャレードの話が出てたのでつい書き込んでしまいました。
私は「許可証〜」くらいしかシャレードでは読まないのですが、他の作品の表紙も無難で、シッカリした話の多い雑誌だな〜と思っていたところで、この話題でしたので、もうすぐ出るであろう「許可証シリーズ」最新刊の表紙がどうなるのか不安です。
シャレードさんの公式サイトのスタッフさんの日記を読んでいると、どうも最近になって人事が変わったような話がありました。
もしかしてそれが原因なんでは〜と深読みしてしまいます。
せめて「許可証〜」くらいは今までどうりでいて欲しいです。
初めてなのにこんな書き込みでスミマセン。
また機会がありましたらお邪魔させて頂きたいと思います。
| | 2006/08/13 3:32 AM |
>蓬さん
蓬さん、はじめまして。
コメントありがとうございました。

シャレードの話が出ていたので、つい書き込んでくださったんですね。
「今回、シャレードの話題を出して良かった!」と、思わず喜びのガッツポーズです(笑)

私もシャレードに関しては、蓬さんと同じく「表紙も無難で、シッカリした話の多い雑誌」というイメージを持っていました。
とても好感度の高いレーベルだったので、どうしちゃったんだと驚くやら、ガッカリするやら。
シャレードは最近、人事異動があったんですね。
それが原因というのは、とてもありうるお話かも・・・・・。
編集者が変わったことによる雑誌の方針変更だとしたら、とても残念です。

初めての書き込み、本当にありがとうございました。
またぜひコメント欄にも顔を出して下さいね。お待ちしてます♪
| 秋花 | 2006/08/21 11:16 PM |
再びお邪魔します。自分の前回のコメントを読み返していたら、シャレードを侮辱してしまったみたいなので慌ててまた書いてます。みなさんのおっしゃるとおり、シャレードってしっかりした話が多いですよね。職業名は出てきても、ホントに働いてるの?みたいなBLが多い中、シャレードの中の人ってちゃんと働いてるし。
私、シャレードに限らず新人さんや未読作家さん発掘が大好きなんです。だから新人賞受賞作品って必ず読みます。でも内容がツボ狙い的というか、パターンを押さえ過ぎというか。極端な話、メガネと女装と年下攻めが全部出てきたり(嫌いじゃないけど)、内容は、短編なら冒頭H、最後にクライマックスHと2回出しときゃいいや、みたいな。売るためにはツボ通り書ける作家さんが確実なんでしょうが。でもお便りコーナーには「面白かったです」って意見が来てるので私が贅沢なのかしら?
ああ、私言いたいことばっか言ってる!しかも長い!ごめんなさい!!秋花さんにちょっと聞いていただきたかったので。これからは大人しくロムります。
| かくれんぼ | 2006/08/22 12:20 AM |
>かくれんぼさん
かくれんぼさん、こんばんは。
再コメント、ありがとうございます♪

「前回のコメントを読み返していたら、シャレードを侮辱してしまったみたいなので」と書かれていたので、「そんなことあったっけ?」と不思議に思いつつ読み返してみました。
どの部分が侮辱してしまったと感じられたのか、私にはわかりませんでした!(笑)
全然侮辱なんてされてないじゃないですかー。どうぞお気になさらないで下さい。

シャレードに対して少し批判的に書かれたことを、もしかしたら気にされてるんでしょうか?
このブログは批判的な意見もバンバン載せてますので、私的には全くかまいません。
面白かった、良かった、好きだというプラスの感情だけでなく、面白くない、つまらない、気に入らないという気持ちもあってしかるべきだと思いますので、どうぞ忌憚無く、思ったままをコメント欄に書いて下さって結構です。
もちろんブログによってオーナーさんの考え方は違いますので、「ほもほも日記」では・・・・という限定ではありますが。

かくれんぼさんは新人賞受賞作品を必ず読まれているんですね。すごい!
私も気にはなっているのですが手が回らなくて、ごく限られた新人さんしか読めてません。
ぜひぜひ「この人は期待できそうですよ」という方が現れたら教えて下さい!!

長文書き込み、大歓迎です。 本音の書き込みも大歓迎です。
これからロムるなどとおっしゃらず、今まで通り書き込んで下さいね。
| 秋花 | 2006/08/22 9:02 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://homo2.jugem.cc/trackback/362
トラックバック