ほもほも日記

ホモ本を愛するすべての人に・・・・
御案内
   このブログはボーイズラブと呼ばれる
   ホモ本の感想日記です。

右に表示中の日記タイトル
カテゴリー別
過去の日記 (月別)
BBS & BOOKLOG


   掲示板

   本棚(ブクログ)

   ミラーブログ


最新コメント
最新トラックバック
LINKS


  BL関連サイト

    Wonderful Life
    ゆすらうめ異聞
    never satisfied
    orange drop
    8月01日の妄想


  相互ブログ



  
OTHERS



JUGEM 広告エリア
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
三角関係、お好きですか?
爽やかな三角関係なんて、嘘なのであります。
「タッチ」や「みゆき」などのアニメに感化され、恋のトライアングルってロマンチック・・・・・と憧れていた若き日の私よ、現実を見るんだ!(笑)
あれらは、あだち充が渾身の力を込めて作り上げた夢物語なのじゃよ〜。

私自身は三角関係に巻き込まれたことは無いのですが、友人達の恋愛模様をいくつも見ているうちに、恋のトライアングルに対する夢や憧れは粉々に砕け散ってしまいました。
恋愛って多角形になると、負の感情が滲み出てきてドロドロしますよね。
互いが互いだけを見ている一本の線の状態が、一番幸せで、恋愛の醍醐味を味わえる形なんだと思います。

今日のホモ

「初恋」 水原とほる(絵・片岡ケイコ) 大洋図書 SHY NOVELS 

港町で育った多伎にはふたりの親友がいた。
無口だが包容力のある洋人と、裕福な家庭に育ちストレートに愛情を表す隆晴だ。
生まれも育ちもばらばらの三人だったが、多伎を中心に三人はいつも一緒にいた。
だがある日、隆晴が多伎に気持ちを告げたときから、三人のバランスは崩れてしまい!?


大抵のBL作品には、「あて馬」という第三の男が登場するのですが、三角関係とはちょっと違うように思います。
あて馬が同等の恋のライバルになれることはほとんど無く、二人の恋のスパイスに使われるのが関の山。
あて馬にチューされた受けが、「俺は攻めじゃないとダメなんだ!」と気付いたり。
あて馬に受けのことが好きだと宣言されて、焦った攻めが受けに告白したり。
受けと攻めの恋を成就させるために存在する人であって、あて馬に受けの恋人になれる可能性はありません。

そういう目で見ると、ボーイズラブというジャンルは三角関係が成り立ちにくい特殊なジャンルなのですが、これなら三角関係と言えるかな?と思ったのが、この作品です。
受けの初恋の人を攻めAとするなら、受けの恋人は攻めB。
そして3人は仲の良い、親友と呼びあえる関係です。
最初の頃は、「攻めBと付き合ったけど、やっぱり初恋の攻めAが好きだと気付く話なんじゃないの〜、攻めBがあて馬なのね」 と思って読んでいたのですが、物語が進むにつれて、どんどん雲行きがあやしく・・・・・。

今の恋人と別れて初恋が実る話なのか、初恋は実らず恋人と幸せになる話なのか、途中でどちらに転ぶのかわからなくなりました。
攻めAと攻めBのシーソーが揺れて、二人の力が均衡になった瞬間がありました。
どちらとうまくいってもおかしくない、でもどちらとくっついても心から良かったねと思えない、痛みが残る展開。
現実の三角関係の結末を聞いた時のような、残った一人のことを考えると100%喜べない割り切れなさ、少し感じる後味の苦さが、この作品の持ち味かと思います。

こういう作品は、私は嫌いじゃないです。
創作だから苦しまずに味わえる、創作ならではの恋愛模様。

初恋
| 小説 | 00:00 | comments(14) | trackbacks(3) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | ↑PAGE TOP



コメント
秋花さん、こんにちは。

3周年記念第2弾は「三角関係」なのですね!
確かに、当て馬ではなくて、きちんと三角関係が成り立っている作品はあまりないですね。
そもそも三角関係が安定して成り立つ事自体難しい…。
ちょうど最近読んだ本が五角関係だったのですが…、まさに夢物語ですね(笑)

「初恋」の3人は肉体的には同時進行ではないですが、精神的には確かに「タッチ」の図式。
もちろん肉体関係絡んでるので「タッチ」よりドロドロですが(^_^;)
きれい事言うなら洋人とくっつくはずだと思っていたのですが、秋花さん同様、私も途中どちらに転ぶのか分からなくなりました。
でも南だって、きっとカツヤが生きていたら悩んだに違いない(笑)
誰が悪いわけでもないこの結末が、切なくて良かったです。

ラストの「3」ネタは、あれでしょうか?ムフフ。
楽しみにしてます!
| にゃんこ | 2006/07/24 11:57 AM |
秋花さん、こんにちは。

私、この作品はだめでした。
私が一番苦手とする受けでした。
水原作品は全部読んでますが、読後に投げたのはこれだけです。
タイトルからして洋人とくっつくのはわかってたので、さいごまで
隆晴が可哀想で可哀想で。
主人公は隆晴には好きといってたけど結局は「情」だったし。
何より隆晴と別れたその日に洋人と...で本を投げました(笑)
何より洋人の魅力がさっぱり私には伝わりませんでした。
私は人より心が狭いのかもしれません(笑)
| ぽん | 2006/07/24 4:31 PM |
はじめして。
いつもこっそりのぞかせてもらってます、隠れ主腐です。
同じ本でも、「良い」と「駄目」とこうもはっきり分かれるものなんですね。面白いです。それぞれ萌えツボが違うってことなんですね。
実は質問なんですが、テレビで「最近はやっている[萌え]とは[好き]という意味です。制服萌えとは制服が好きという意味です」って言ってたんですが、..........違いますよねぇ.....。私的には露骨に○○萌えとは○○で立つ、だと思ってましたが。これも違うのかなあ。確か以前秋花さんが「私の萌えは一言では語れない」みたいなことを書いてましたよね?いつかじっくりと語って欲しいものです。
ではまた、応援してます。
| かくれんぼ | 2006/07/24 5:58 PM |
秋花さん こんばんは♪
サンまつり第二弾ですね♪でも私的には苦手ジャンルかも…三角関係も多分次に来るであろう××も(笑)前回のコメントではみなさん反応しまくってましたね!す、好きなんですか…。でも私ももやもやした三角関係よりはすかっ!と割り切った3Pの方がまだ読みやすい気がします。
次はどんな3Pをご紹介いただけるのか(決め付け?笑)楽しみにしております♪
| ゆちゅらぶ♪ | 2006/07/24 9:19 PM |
秋花さん、こんにちは。

サンまつり第二弾はこれですか。。。
正直私もこの話は苦手でした。
嫌いではない、けれど苦手。再読するのにすごく勇気がいる、でも、古本屋にさっと売り払えない、そんな感じの本です。

読んでいる途中が痛くて痛くて。
現実ほど、どろどろとはしていないけれど、それでも読んでいて苦しかったし切なかったです。。。

話はがらりと変わりますが我が家近くのスーパーで
「サン、サン、サン、○○(スーパーの名前)サンサンサ〜ン」
という歌や
「○○(スーパーの名前)、夏のサン祭り」
とか流れているんですよ。
そのスーパーがSUNにちなんだ名前のスーパーだからなのですが。
それを聞くたびにこちらのブログが思い出されて吹き出してしまいます。
はてさて、最後になりましたが、最後のサンネタ楽しみにしています。腐、腐、腐。
| 真琴 | 2006/07/24 11:38 PM |
>にゃんこさん
にゃんこさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

きちんと三角関係が成り立っている作品は少ないですよねー。
一般小説なら割とあるような気もするのですが、BLではあまり思いつきません。
3Pのための三角関係なら、いっぱいあるんですけど!(笑)
最近読まれた五角関係の本のタイトルを、ぜひ教えて下さい。
五角はなかなか珍しいですよね。

にゃんこさんのコメントを拝見して、もし「タッチ」に肉体関係があったなら・・・・を想像して、すごく読みたくなってしまいました。
人間味溢れるドロドロな「タッチ」に興味がわくなんて、私も大人(それもヨゴレな)になったものです(笑)

ラストの「3」ネタは、勿論“あれ”です。
楽しみにして下さって、どうもありがとうございます♪
| 秋花 | 2006/07/28 11:20 PM |
>ぽんさん
ぽんさん、こんぱんは。
コメントありがとうございました。

先日のコメントを拝見して、「ぽんさんはこの作品は苦手でいらっしゃるはず」と思いつつ、日記を書いていました。 どんぴしゃー!
まさに受けが二人の攻めの間をフラフラしてますもんね・・・・・・。

実は、ぽんさんへのレスをさせていただいた時に、今回の日記内容を思いつきました。
三角関係をテーマに決めたのはいいけど、何を書こうかなと考えていたところだったので、大きなヒントをありがとうございました v

私も「多伎は洋人とくっつくんだよね、だって表紙はこの二人だし!」と思いつつ読んでいたのですが、いつまで経ってもその気配が無いので、段々自信が無くなってしまいました。
残りページが少なくなるにつれ、その思いは強く(笑)
多伎は「情」だとか言ってましたが、私は多伎と隆晴の恋愛物語に思えてなりません。

私はストーリーは楽しみましたが、3人の誰も魅力的に感じませんでした。
ぽんさんより遥かに心が狭い人がここにいますよー!(笑)
| 秋花 | 2006/07/28 11:22 PM |
>かくれんぼさん
かくれんぼさん、はじめまして。
いつも「ほもほも日記」を御覧いただき、ありがとうございます♪
同じ本を読んでも、感じることが正反対だったり、似ているようで微妙に違ったり、一つとして同じ感想が無いのが本当に面白いですよね。

「萌え」と「好き」とは違いますよね〜。
でも、「萌え」って、言葉で表現しにくい気がします。
「萌え」とは、その対象物を見た時に心が躍り、心が震え、床をころげまわりたくなるような、ときめき?

かくれんぼさんのおっしゃる、「○○萌えとは○○で立つ」も感覚としてはわかります。
私達には立つものが無いですけど!(笑)
「萌え」の感覚は、同じ感覚を共有している人にはすぐ伝わるのに、共有していない人に伝えるのは至難の業ですよね。

私にはこれなら絶対萌えるという「萌えツボ」は特に無いんです。さみしいことです。
オヤジ萌えとか、メガネ萌えとか、明確な萌えがあれば、もっと効率的にBL本を選べるのでしょうが、これというものが無いので手広く読んで、受け付けないものを削っていっている状態です。
無駄を繰り返しつつ萌えを探し求めている記録が、この日記なのかもしれません(笑)
| 秋花 | 2006/07/28 11:25 PM |
>ゆちゅらぶ♪さん
ゆちゅらぶ♪さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

ゆちゅらぶ♪さんにとっては、三角関係も次に来る3ピーッも、苦手ジャンルですよね。
すみません、もうすぐ、あと1回で終わりますので〜(笑)
お好きな「初モノ本」をアップしたいなぁと思っているのですが、最近あまり読めてないので、ままならず・・・です。
また素敵な初めてものに遭遇しましたら必ず!

あっ、初モノなのに3P(しかも二輪挿し)は、ゆちゅらぶ♪さん的にはどうですか?
好きと嫌いのせめぎあい、どちらが勝つのでしょうか?(笑)
| 秋花 | 2006/07/28 11:27 PM |
>真琴さん
真琴さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

サンまつり第二弾はこの作品にしてしまいました。
3Pをしていない三角関係って、他に思いつかなくて・・・・(笑)

私はこの話は誰にも感情移入ができなかったので、あまり痛くなかったです。
途中までは隆晴寄りで読んでいたのですが、彼が血迷って結婚した時点で「このバカチンがぁ!」と心が離れてしまって。
あれが無ければ、かなり苦しくなっただろうと思います。

真琴さんの近くのスーパーでは、「夏のサン祭り」が実際に行われているのですねー!!
ものすごく親近感を覚えます。一方的な思いですが(笑)
そのスーパーに行ってみたいです。歌を聴いてみたいです。くっ、近ければっ。

最後のサンネタ、後でアップしますね。 腐、腐、腐。 ←いいですね、コレ。
| 秋花 | 2006/07/28 11:28 PM |
秋花さん こんばんは!
今更ですが長いのでゆちゅでいいです〜。♪とか面倒ですよね(笑)
ところで私秋花さんになにか試されてるんですね!初モノなのに二輪挿しって…二輪挿しってぇぇぇ〜!!まんがでは見たことある気もします…ソボクな疑問ですが入るものなんですか?慣れてたとしても二本。
とりあえず初モノは壊れそうなのでやめてあげてください(泣)…ってまさか次のネタは二輪挿しなんですかっ?ハードです…!
| ゆちゅらぶ♪ | 2006/07/29 12:13 AM |
秋花さん、三周年、おめでとうございます〜!
あいかわらず、素晴らしい企画で大笑いさせていただいてます。

三角関係…確かにBLで「当て馬」は数多く登場しますが、由緒正しいあだち充系の「三角関係」ってあまり見ないような気がいたします。

攻めAと攻めB(非常に分かりやすい解説ですね)の均衡がシーソーのように揺れる様子は読んでいてドキドキするお話でしたが、ラストがあまりにもあっけなくて「へ?」と気が抜けてしまった記憶があります。

「これでいいのか?!」と、本当に、どちらを選べば幸せになったのか、正解がないのが「三角関係」ですよね。南もかっちゃんが生きていれば、シーソーはどちらに傾いて、どちらの選択が幸せなのかとか、わかんなかったですから(笑)私だったら、かっちゃん選ぶなぁ〜

TBありがとうございました!
| suzuya | 2006/07/29 7:26 PM |
>ゆちゅらぶ♪さん
ゆちゅらぶ♪さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

これから縮めて「ゆちゅ」さんにされるんですか?
えー、もう 「ゆちゅらぶ♪」さんは「ゆちゅらぶ♪」さんなので、是非このままで(笑)
♪は全然面倒じゃないですよ、私は「ん」を打ったら「♪」が出るように設定していますので、手間はかかってません v

初モノなのに二輪挿しは、星野リリィさんの「ナースがお仕事」に収録されています。
初めてではキビシイっしょ・・・・と、現実的なことをつぶやきつつ眺めてしまいました。
BL作品において、勿論エロは大切なのですが、受けをいたわる心も大切ですよね!(笑)
| 秋花 | 2006/08/09 12:17 AM |
>suzuyaさん
suzuyaさん、こんばんは。
お祝いコメント、ありがとうございました。
笑っていただけて、とても嬉しいです♪

この作品、確かにラストがあっけなかったですよね。
「もう残りページが無い・・・・。 どうするの、どうするの!?」と思っていたら、パタパタと大急ぎでまとまって、ジ・エンド。
最後で盛り上がることなく、終わってしまった感がありました。

南はかっちゃんが生きていても、たっちゃんを選んだような気はします。
でも、私も断然、かっちゃん派・・・・・。
かっちゃん、いい男ですよね v
なんというか、色々抑えているところに色気があって (今思うとあの感情は「萌え」でした)、南ちゃんがかっちゃんをいらないなら、私にくれー!と思ってました(笑)
| 秋花 | 2006/08/09 12:58 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://homo2.jugem.cc/trackback/360
トラックバック
初恋
初恋水原 とほる 片岡 ケイコ 大洋図書 2005-09-10売り上げランキング : 1,704おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 恋愛ってお互いのタイミングが大事なんだよね。 それを痛感するお話でした。 水原先生の作品の
| にゃんこのBL徒然日記 | 2006/07/24 11:33 AM |
初恋
【初恋】 水原とほる / 片岡ケイコ SHY NOVELS 「全部、長い夢だったって思えばいい。俺もそう思うから」 【あらすじ】 幼馴染で、親友で、それから・・・? 港町で育った多伎にはふたりの親友がいた。無口だが包容力のある洋人と、裕福な
| plastic-paradise | 2006/07/29 7:12 PM |
水原とほる『初恋』 太洋図書
初恋 水原 とほる, 片岡 ケイコ 私の好物は三角関係です。 ありがちな、当て馬が受を押し倒し、あわやというところで攻めがとめに入り、早々に決着がついてしまう…そんな三角関係ではありません。 もっと登場人物が疑心暗鬼に陥ったり、情けない姿をみせたり
| まるの偏りBL小説・漫画書評 | 2006/09/05 1:18 PM |