ほもほも日記

ホモ本を愛するすべての人に・・・・
御案内
   このブログはボーイズラブと呼ばれる
   ホモ本の感想日記です。

右に表示中の日記タイトル
カテゴリー別
過去の日記 (月別)
BBS & BOOKLOG


   掲示板

   本棚(ブクログ)

   ミラーブログ


最新コメント
最新トラックバック
LINKS


  BL関連サイト

    Wonderful Life
    ゆすらうめ異聞
    never satisfied
    orange drop
    8月01日の妄想


  相互ブログ



  
OTHERS



JUGEM 広告エリア
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
ジョジョビジョバー ジョビジョバー
遠足の前日に 「せんせえ、バナナはおやつに入るんですかー?」 と、頭に浮かんだ疑問をためらいなく質問できた小学生の頃の気持ちに戻って、問いかけたいことがあります。

「先生、尿プレイはエロに入るんですかー!?」

今日のホモ

「蛇淫の血」 沙野風結子(絵・奈良千春) プランタン出版 f‐ラピス文庫

『 お前は俺に与えられた玩具だ 』
凪斗を平穏な大学生活から引きずり出し、監禁した男は言い放った。
その男・角能は、岐柳組組長の隠し子である凪斗が跡継ぎ候補になったこと、凪斗のボディガードを自分が務めることを告げてきた。
だが、冷めた目、嬲るような扱いは、凪斗を護る者のものとは思えない。


いきなりエロから始まるBLにはもう驚きませんが、この作品には驚きを隠せませんでした。
物語が動きだしたと思ったら、エロより先にいきなり尿プレイ。
上級者向けだなぁ・・・・・。

作家・山田詠美氏が著書の中で、「う×こはダメだが、お×っこはエロである」と発言していたことがあって、若き日の私はその時こう思いました。

尿も絶対にエロじゃねぇ!

でも、もしかしたら違うのかもしれません。
エロなのかも。 エロなんだろうか。
少なくとも、この作品の中ではエロの一種として書かれていたように思います。

ああ、エロの海は広すぎて、エロの森は深すぎて、私は迷える子羊になりそうです。
尿プレイはエロなのか、エロでいいのか。
我は求め、訴えたり・・・・・、エロエロ・エッサイム。
って、召喚の呪文、わざと間違えてるし!
私はうれしがりの小学生か!(笑)

尿プレイだけで感想を終えるのはアレなので、作品全体の感想など。
エロがエロい作品でした。 エロの何たるかをわかってらっしゃる (なぜか敬語)
パコパコやっているだけのBLは数多くあれど、エロをエロく書くのは難しいと思うので、これからが楽しみな作家さんです。
以前読んだ「僕のねむりを醒ます人」は、ストーリー展開に無理が見えていまひとつでしたが、この作品は特にひっかかることもなく楽しめました。

そういえば「僕のねむりを醒ます人」の中盤で、店の個室で攻めが受けを苛むシーンがあったのですが、普通のBLなら最後までやってしまうところを、この作品では素股で終わらせていました。
勢いで合体させるのではなく、あえて素股。
あの時も「この作家さん、エロの何たるかを〜!」と思いました。

蛇淫の血
| 小説 | 00:00 | comments(18) | trackbacks(7) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | ↑PAGE TOP



コメント
秋花さん、こんばんは。

いきなりの尿プレイには驚きはしましたが、特に何も考えませんでした…。ナチュラルに、「あーあー」と笑ってたような気がします。
尿プレイは私も受け付けないんですが、本作は抵抗なかったですね。ただの放尿だったからかもしれません。

沙野さんはエロにこだわりを持っている作家さんだと思いますね。シチュエーションも各種とりそろえ、そしてそれを描写する文章にも手抜かりがない…。そんなイメージです。
私はおんぶされて粗相してしまったシーンが気になりますね〜。角能のスーツは大丈夫だったの〜?とか(笑)

TBさせていただきました。
| 秋月 | 2006/07/13 12:53 AM |
秋花さん、タイトルが、タイトルが〜!
いつもながら素晴らしいセンスに脱帽です(笑)
私もどっちかとゆーとおんぷ、もといおんぶに引っ掛かった口で…あんまり考えなかったです。そっかー縛られてるもんなー、仕方ないよなー、って(笑)
それにしても自分のブログで最近エロエロ言い過ぎだろうか…と自省してたんですけど、
「大丈夫!秋花師匠がいる!」
改めて心を強くもてました♪(すいません…)
TBさせてくださいね♪
| ゆちゅらぶ♪ | 2006/07/13 1:15 AM |
秋花さん、こんにちは。

今回のレビューはこのプレイメインなのですね!
私は大好きです(笑)
えー、ちょっと使用方法が違いますが、他の作品(窓・水原とほる、二重螺旋2・吉原理恵子)にもこのプレイ登場していて、私妙に萌えてしまいました。
ちなみに一番強烈だったのは、東城麻美先生の「ラブ・プリズム」…。
漫画だと心臓に悪いです(^_^;)
何がこんなに萌えさせるのか、羞恥プレイが好きなのか?よく分かりませんが、萌えエロであることは間違いないかと…。
どうやらマイナーなツボではないようで、安心いたしました(笑)
熱弁してしまいました、すみません…

TBさせていただきました!
それでは、またおじゃまさせていただきます。
| にゃんこ | 2006/07/13 10:01 AM |
秋花さん、こんばんは。
私の頭の中ではタイトルをメーテルが歌ってます…
そして悪魔くんのテーマソングも脳内を巡る。。。

確かにエロがエロい作品でしたね。
色っぽいと言うか。
久々に『艶』のある作品を読ませて頂きました。

エロがエロいのもイイですが、地の文がエロい作品を最近読んでいない気がしてなりません。
エロ自体はしてないんだけど…だけど…地の文だけで色っぽすぎて…悶え死ねるといったような…
昔のJUNE系にはたまにあった気がするのですが…最近私は読んでいない気がしてなりません。残念。
| 真琴 | 2006/07/13 10:00 PM |
せんせえ、質問でーす!
この場合スーツのクリーニング代は経費で落とせるんでしょうか?
それともこの業界の通例で、代替品または弁償金が支給されるんでしょうか?
…せっかくエロを堪能させてもらいながら、気になるのはそれかい!

>召喚の呪文、わざと間違えてるし!
大笑いさせてもらいました。元の呪文が思い出せないです!
おかげでエロが吹っ飛んでしまいました…。
| 黒ニコ | 2006/07/13 10:37 PM |
秋花さま初めまして。ハスイと申します。

「蛇淫の血」は私も盛り上がった作品でしたが、「BL Novels TB」にて、大変に秀逸のタイトルに惹かれまして、お邪魔をさせて頂きました。

おんぶプレイや尿プレイに反応したのは私だけでは無かったのだと、妙な安心感も得つつ、秋花さまのレビューも秀逸だなあと感心もしまして、トラックバックをさせて頂きました。

今後もブログの更新を楽しみにさせて頂きますね♪
| ハスイ | 2006/07/13 11:53 PM |
まさか尿プレイの話題で歌詞(?)が引用されるなんて誰が想像したでしょう。
いや、メーテルさんはお気づきになられたかも!

小学生の頃の気持ちに戻っても、その内容がとってもアダルティなのが涙を誘います。


えぇ、バナナはおやつには入らないのよ。

おけつに入るのよ。


嗚呼、先生。世の中にはどうしても取り戻せないものがあるんですね。

肝心の作品に付いて触れなくてすいません;
因みに私は尿プレイは萌えません・・・。
でも、秋花さんほどの方を唸らせるほどのエロ、一度は拝読したいものです。
| 明日華 | 2006/07/14 6:42 AM |
こんばんは秋花さん。
記事のタイトルを見て、まさかこの「蛇淫の血」のレビューだとは思いませんでした。
何の話かと思えば「尿プレイ」ですか…(大笑い)
秋花さんのセンスにはホントにいつも度肝を抜かれます。
大好きです。

で、「尿プレイ」はエロに入るんでしょうか?

そういう目でもう一度再読してみたら、確かにエロいような気がするのが不思議です。
また一つ発見ができました。大人の階段をまた一段上れたような、そんな気持ちです。

TBいただいて帰ります。ありがとうございました〜!
| suzuya | 2006/07/16 7:57 PM |
>秋月さん
秋月さん、こんばんは。
コメント&トラックバック、ありがとうございました。

私もこの作品では、あまり抵抗なく読めてしまいました。
今までは「尿プレイ、無理無理!」だったんですけど(笑)
単なる放尿シーンでも引いた作品はあったので、その差が自分でもよくわかりません。
沙野さんの描写の仕方によるものなのか、それとも私の感覚が変わってきたのか・・・・・。

確かに沙野さんの作品には、エロシチュにこだわりが見えますよね。
私は「僕のねむりを醒ます人」と「蛇淫の血」の2冊しか読んでいないのですが、それでも出てくるエロのひとつひとつに、そのこだわりの片鱗を感じました。
おんぶされて粗相してしまったシーンは、「これは摩擦だから、仕方ないよ〜」とエロい目で見ず、萌えモードに切り変わってませんでした。
うわー、惜しいことをしました!

角能のスーツは絶対大丈夫じゃないと思います(笑)
| 秋花 | 2006/07/16 11:06 PM |
>ゆちゅらぶ♪さん
ゆちゅらぶ♪さん、こんばんは。
コメント&トラックバック、ありがとうございました。

タイトルを気に入っていただけたようで、とても嬉しいです v
サントリーに怒られそうなタイトルですが、これしか思いつかなかったので(笑)

エロは今回言いすぎました。しばらく自重します。
とは言ったものの、エロという単語を使わなければ、どうやって日記を書いたらいいのかわからない、この私・・・・・。
お正月番組でよくやっている、英語禁止でゴルフするような状態になって、崩壊すること間違いなしかも・・・・・。

次回、「エロ」なしに挑戦してみます!(笑)
| 秋花 | 2006/07/16 11:19 PM |
>にゃんこさん
にゃんこさん、こんばんは。
コメント&相互トラックバック、ありがとうございました。

今回の感想は「尿プレイ」メインになってしまいました(笑)
だって、まず最初にこれがあって、すごくインパクトが強くて、頭から離れてくれなかったんですよー!

挙げて下さった作品の中では、水原とほるさんの「窓」は読んだことがあります。
同じような放尿プレイありました、ありました!
水原さんのは更に首輪付きで、よりハードでしたよね(笑)
吉原理恵子さんの「二重螺旋・2」と、東城麻美さんの「ラブ・プリズム」にも出てくるんですか。 お好きな方はぜひぜひ御参考になさって下さい。

私は「尿プレイ」にはあまり関心がなくて疎いので、情報を補足コメントしていただけるのはとてもありがたいですし、嬉しいです。
どうもありがとうございました♪
| 秋花 | 2006/07/16 11:33 PM |
>真琴さん
真琴さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

私の頭の中でも、メーテルが歌っています。
メーテルバージョンいいですよね。今までで一番好きです。
鉄郎の「バァー!」が、ものすごくかわいいです v

真琴さんも「エロがエロい作品」と思われたんですか。 よっしゃー!
なんだか力が漲ってきます。百人力な気持ちです(笑)

「エロはしてないんだけど、地の文だけで色っぽすぎて悶え死ねる」
そんな素敵作品には、最近全く出会っていません。
読みたいですねー。切実に読みたいです。
巡りあいがありましたら、ぜひ御一報ください♪
| 秋花 | 2006/07/16 11:41 PM |
>黒ニコさん
黒ニコさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

私はせんせえではありませんが、お答えいたしましょう!(笑)
スーツのクリーニング代は必要経費として損金算入できますが、代替品のスーツ、もしくは弁償金は経費として認められないのが一般的です。
あのスーツがユニフォームとして社員に支給されているものでしたら別ですが、彼が勝手に高級スーツを着ているだけなので、範囲を超えると解釈されるでしょう。
・・・・・日記のノリを忘れて、なぜか真剣に答えてしまう、恐ろしき職業病(笑)

元の呪文は「エロイム・エッサイム」です。
さぁ バランガバランガ 呪文を唱えよう〜♪
思い出されましたでしょうか?
| 秋花 | 2006/07/16 11:48 PM |
>ハスイさま
ハスイさま、はじめまして。
コメント&トラックバック、ありがとうございました。

「BL Novels TB」からお越しいただいたんですね。
ようこそいらっしゃいませー♪
ハスイさんのブログを先程、拝見させていただきました。
同じBLの感想ブログとして、これから仲良くして下さるととても嬉しいです。

差し支えなければ、これからはどうぞ「さん」付けで v
「さま」付けは日常で使うことがないので、どうしても少し違和感があって・・・・・。
もしハスイさんが「さま」付けの方が落ち着かれるようでしたら、その場合はどうぞそのままお使い下さいね。
それでは、これからどうぞよろしくお願い致します。
| 秋花 | 2006/07/16 11:53 PM |
>明日華さん
明日華さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

尿プレイについて書いたあと、「タイトルをどうしようかな〜」とぼんやり考えていると、自然と頭にあれが浮かびました。
本当に自然に。天から降りてくるがごとく(笑)
いつもこんな感じでポワンと浮んだタイトルを、そのまま使っています。

さてさて、 『 バナナはおやつには入らないのよ。おけつに入るのよ。 』

ピーッ、ピーッピーッピーーッ!!
ああああ明日華さぁぁぁん、イエローカードが出ちゃいますよ〜!(笑)
って、こんな無法地帯な「ほもほも日記」で言われたくないですよね(笑)
この地はレッドカードならぬレッドゾーン・・・・・。

私は下ネタOK、むしろカモーンなので、このネタ好きです。 大笑いしてしまいました。
また素敵な下ネタ、お待ちしております♪
| 秋花 | 2006/07/17 12:07 AM |
>suzuyaさん
suzuyaさん、こんばんは。
コメント&相互トラックバック、ありがとうございました。

いつも変なタイトルで本当にすみません・・・・・。
トラックバックを送らせていただいた後に確認すると、いつもうちのだけ明らかに浮いていて、「空気読めなくて、ごめんなさいっ」と叫びたくなります。
なのに「大好きです」なんて言ってくださるなんて、suzuyaさん優しすぎです。ホロリ。
私もsuzuyaさんが、大好きですー!!

尿プレイはエロに入る・・・んでしょうか?(笑)
エロいような気もしますし、違うような気もしますし、私の中ではまだ微妙なラインです。
もう少し時間をかけて、じっくりと「尿プレイ」の立ち位置を見極めたいと思います(笑)
| 秋花 | 2006/07/17 12:16 AM |
なんか読んでたら気になって、買っちゃいました♪(笑)
奈良さんの絵だし、入荷した時から気になってたんですが・・w
私けっこう尿プレイ好きかもです・・w(爆)
昔「普通なんかじゃもの足りない」(松岡 裕太)でよく似たシーンがあって・・ビックリしたんですがw
そういえば最近も読んだ気がするのにどれなのか覚えてない・・・。
あんま印象無かったんでしょうか・・w
なんちゅーか、「我慢出来ない・・」ってのに萌えるのかもしれないッス。(滅)
続きでるんでしょかね〜♪ 四代目になったのを見てみてみたいッスvvv(^^*)
| ひゆ | 2006/07/18 11:36 PM |
>ひゆさん
ひゆさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

買ってしまわれましたか、尿プレイ本、もとい「蛇淫の血」を!!
ひゆさんのお気に召したようで良かったです v
そして、「尿プレイ好きかも」という衝撃的なカミングアウト、ありがとうございましたっ!(笑)

松岡裕太さんの作品にも尿プレイはあるんですね〜。
松岡さんならスカジャンルではなくて、きっとエロジャンルとして書かれているんでしょうね。
うーむ、やっぱり尿はエロと考えられているのでしょうか。

「我慢出来ない・・・」というシチュはいいですね。萌えです。ふんがー。
でも、我慢するものは別に尿じゃなくていいじゃん・・・とも思ってしまいます(笑)
| 秋花 | 2006/07/20 2:48 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://homo2.jugem.cc/trackback/358
トラックバック
『蛇淫の血』
蛇淫の血  沙野風結子/奈良千春   プランタン出版 f-LAPIS 2006.06 表紙イラストでは周囲がカットされているため、オビを外しても目当てのものは見えないので、挟み込まれているチラシを見てみましょう。奈良千春さんのイラストが一面を飾っています。凪斗は
| 月と凌霄花 | 2006/07/13 12:38 AM |
愛らしい子蛇ちゃんにメロメロっす♪
蛇淫の血 沙野 風結子 子蛇ちゃん…今までに子鹿ちゃんやら子猫ちゃんなど受が愛らしい生き物に例えられたことは多々あれど、子蛇ちゃんて!! ニョロリ系は苦手な私ですがなんだか愛らしいような気がしてきました…目を覚ませー!(笑) そーいや子ワニ
| 水中雑草園 | 2006/07/13 1:19 AM |
蛇淫の血/沙野 風結子
蛇淫の血沙野 風結子 著プランタン出版2006/06 発売「お前は俺に与えられた玩具だ」凪斗を平穏な大学生活から引きずり出し、監禁した男は言い放った。その男・角能は、岐柳組組長の隠し子である凪斗が跡継ぎ候補に...
| neige essai | 2006/07/13 8:44 AM |
蛇淫の血
蛇淫の血沙野 風結子 プランタン出版 2006-06売り上げランキング : 328Amazonで詳しく見る by G-Tools この鬼畜オーラ漂うタイトルが、沙野先生に惹かれたきっかけでした。 で、結局、この本が出るまでに既刊のほとんどを
| にゃんこのBL徒然日記 | 2006/07/13 9:50 AM |
蛇淫の血
蛇淫の血奈良絵の時は購入時に気をつけよう……そんな当たり前のことをまた学習しました。。。口絵がヤバすぎて、カバーをつけてもらうんじゃなかったと真剣に後悔( ̄_ ̄|||)
| ぼぉいずびぃあんびしゃす! | 2006/07/13 10:14 AM |
蛇淫の血
【内容紹介】 「お前は俺に与えられた玩具だ」凪斗を平穏な大学生活から引きずり出し、監禁した男は言い放った。その男・角能は、岐柳組組長の隠し子である凪斗が跡継ぎ候補になったこと、凪斗のボディガードを自分が務める
| +synapse∞Type-Bee+ | 2006/07/13 11:33 PM |
蛇淫の血
【蛇淫の血】 沙野風結子 / 奈良千春 (f-ラピス文庫) 鳥肌が立った。 それはあたかも、蛇が獲物を丸呑みするときのように。 角能は、自分の精神が凪斗に呑みこまれていくのを、感じる。 ―――ああ、そうか…。 背筋を震えが駆け抜けた。 ―――俺は
| plastic-paradise | 2006/07/16 7:49 PM |