ほもほも日記

ホモ本を愛するすべての人に・・・・
御案内
   このブログはボーイズラブと呼ばれる
   ホモ本の感想日記です。

右に表示中の日記タイトル
カテゴリー別
過去の日記 (月別)
BBS & BOOKLOG


   掲示板

   本棚(ブクログ)

   ミラーブログ


最新コメント
最新トラックバック
LINKS


  BL関連サイト

    Wonderful Life
    ゆすらうめ異聞
    never satisfied
    orange drop
    8月01日の妄想


  相互ブログ



  
OTHERS



JUGEM 広告エリア
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
ピーッ ☆分クッキング
・用意するもの
オリーブオイル 又は サラダオイル

・所要時間
3分では短すぎると思います

賢明な皆様のことです。 用意された食品がどのように使用されるかは、すでにお察しのことと思います。
ピーッの放送伏字部分には、ふさわしいと思われる語句を脳内であてはめて下さいね。
「受け」あたりがソフトだと思いますが、ハードなのがよろしい方は、どうぞお好みの匙加減で。

今日のホモ

「窮鼠はチーズの夢を見る」 水城せとな 小学館 ジュディーコミックス

優柔不断な性格が災いして不倫という「過ち」を繰り返してきた恭一。
ある日彼の前に妻から依頼された浮気調査員として現れたのは、卒業以来会うことのなかった大学の後輩・今ヶ瀬だった。
ところが、不倫の事実を妻に伝えないことの代償として今ヶ瀬が突きつけてきた要求は、「貴方のカラダと引き換えに」という信じられないもので・・・。


掲示板で「レディコミに水城さんが男同士の話を描いてますよ」とタレコミをいただいてから(その節はありがとうございました)、せっせと雑誌を買い続けた日々に、さようなら。
祝・単行本化!!
やっと「NIGHTY JUDY」を捨てられます。めっちゃ嬉しい。

水城さんが公式サイトで「この作品は単行本化されないと思います」とおっしゃっていたのですが、単行本になって本当に良かったです。
「NIGHTY JUDY」はレディコミだけあって、表紙にババーンと大文字で 『オンナのエロス』 とか書いてあるんですもん。
こんなの持ってるのを誰かに見られたら、いたたまれない・・・・・。
ホモ本が見つかるのも相当嫌ですが、「特集 オンナのエロス」な雑誌が人に見つかるのは、もっともっと嫌なんじゃー!(笑)

さて、この作品で使用されていたのは、オリーブオイルでした。
細かい描き込みを見てみると「Extra Virgin Olive Oil」で、これはもしや恭一が男バージンなのにかけてるんだろうか、と。
「まぁ、なんてふさわしい潤滑油なのかしら」 と思う私がいて、「そんなの考えすぎ、きっとたまたまだって・・・・」 と思う私もいて。
いらぬ深読みをして立ち止まっておりました。

リンク先のブログでも絶賛されていますが、私もこの作品はとてもいいと思いました。
水城さんのこういうダーク系の作風は大好きです。
「君のことが好きだよ!」と一点の曇りもなく叫ぶような、青空が似合う恋愛物語も大好きなのですが、水城さんにはそんなの求めてないっちゅーか(笑)
閉じられた空間の中で、内へ内へと向かっていく息苦しくなるような恋愛を描かせたら、天下一品ですね!
恋愛に含まれる陰の部分、嫉妬・不安・苛立ち・独占欲などの、暗くゆらめく情念を描くのが本当に上手いなぁと。
上手いを超えて、凄みすら感じます。

雑誌では 「キッシング・グーラミー」 「楽園の蛇」 「黒猫の冷えた指先」 「窮鼠はチーズの夢を見る」、計4回の連載でした。
タイトルの全てに彼らを比喩する生き物が入っていて、凝ってるなと思って見ていました。
キッシング・グーラミーは、オス同士でチュッチュしている熱帯魚です。
求愛行動ではないそうなのですが、そんなのかまいません。フィッシュ萌え〜。

作者曰く「私の脳内では現在のところが一応折り返し地点」とのことなので、まだ終わってはいないようです。
連載が続くかどうかは、「NIGHTY JUDY」編集部の意向と合えば・・・の話なのでしょうか。

窮鼠はチーズの夢を見る    ジュディーコミックス
| コミック | 00:00 | comments(16) | trackbacks(13) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | ↑PAGE TOP



コメント
秋花さん、こんばんは。

>現在のところが一応折り返し地点

そうなんですか〜。いいこと聞かせていただきました。
ここで終わり? 終わりなの? と思っていたので、
水城さんの中ではまだ続きを描かれるつもりがあると
いうのだけでも、知ることができてよかったです〜。
編集の意向…。クセモノ…!

さておき。
また今回もタイトルとねたふりで笑わせていただきました。
えー、「粘着質なゲイ 8年クッキング」とかで…<分じゃないし。

ちなみに、JUGEMの管理者ページにログインすると、
TBリストにTBされた記事タイトルが並ぶじゃないですか。
「ピーッ ☆分クッキング」というのを見て、ナニが
来たのだろう…とちょっとビクッとしちゃいました(笑)
秋花さんの記事は、本当いつもタイトルが楽しみです。
| 秋月 | 2006/02/22 9:38 PM |
>秋月さん
秋月さん、こんばんは。
コメント&相互トラックバック、ありがとうございました♪

私もコミックに収録された分で終わりなの? どーなの? と思っていたので、公式サイトの記述を見て嬉しかったです。
水城さんが「恭一はあのままじゃダメだろう」みたいなことをおっしゃっていて、「やっぱり、作者もそう思うんだ〜」とパソコンの前でちょっと笑ってしまいました。

この作品に関しては、読みきりが連載になり、単行本にならないと言われていたのが単行本化されるなど、いい方向に動くことばかりだったので、続きも連載されるんじゃないかな〜と思ってます。
甘いかな・・・・、でもそうなると思いたい・・・・。 私もチーズの夢を見ているんでしょうか。

「粘着質なゲイ 8年クッキング」
8年クッキングですか、長い、長すぎですよー!(笑)
でも、今ヶ瀬の性質と作品の内容をズバリ表している気がします。 うむむ、すごい。

エロ広告みたいなタイトルで本当にすみません!!
ビクッとしますよね、特に☆マークがいかがわしさを醸し出していて、猛反省です。
トラバチェックに伺って、あまりにも浮いていて青ざめましたが、後の祭りでした。あああ。
| 秋花 | 2006/02/22 11:14 PM |
こんばんは!
またまたTB頂いて行きます☆
水城さんの久々の男同士の恋愛モノと言うことで、雑誌掲載は知らなかったのですが、こうしてコミックになったことに雑誌を読まなかった私は感謝しきりです。嬉しいです☆
読み終わって、やっぱり「ふぅ」何とも言えないため息を漏らしたのですけど、それが水城さんの味だと思っております。
私、特に小道具を気にせずいましたが、Extra 「Virgin」 Olive Oilに着目されるとは・・・さすが秋花さん。一本取られましたっ。
| ユウリ | 2006/02/23 12:52 AM |
こんばんは、秋花さん。

>ホモ本が見つかるのも相当嫌ですが、「特集 オンナのエロス」な雑誌が人に見つかるのは、もっともっと嫌なんじゃー!

分かります、その気持ち(笑)「特集 オンナのエロス」が見つかるくらいなら、滑稽なまでにモザイクのかかった挿絵満載のピアスノベルズ見つかる方がマシかも…と思ってしまう自分が既にヤバイということに薄々気付いてはいるんですが。

>「Extra Virgin Olive Oil」
よくまぁ、こんな細かいところにまで…と秋花さんの観察力に脱帽です。そういう深読みをしてしまう秋花さんがステキ〜。

続編、読めるといいなぁ、と思います。今ヶ瀬を一度位「受」にしてみたいと思う私は間違ってますか?

TB頂いて帰ります〜!ありがとうございました!
| suzuya | 2006/02/23 7:25 PM |
秋花さん、こんにちは。
トラックバックさせて頂きました。
はてなに問い合わせをしたら、「関連性の無いものを自動的にはねる機能がはてなには有る」という、わけのわからない解答…。
何が悪かったのか…。
「はてな、余計な機能つけるなよ…」と思いました…。
すみません(ーー;)
| 薔枝 | 2006/02/24 12:23 PM |
恥ずかしながら、所要時間を見るまで「簡単に作れる普通のお料理かな?」と思っていました。あああー。

水城さんのこの作品は結構、色々な所でお見かけする&評判が良いので改めて読んでみようかな、と思っています。
| かのん | 2006/02/24 2:26 PM |
>ユウリさん
ユウリさん、こんばんは。
コメント&相互トラックバック、ありがとうございました。

水城さんの男同士の恋愛モノって、ホント久々ですよね。
「同棲愛」以来ということは・・・・・、5年ぶりでしょうか。
この調子で連載中の「放課後保健室」も男同士の方向に!!
ならないだろうなぁ(笑)

読み終わって、「ふぅ」と何とも言えないため息が出るという感覚、すごく共感します。
確かにあまり他の作家の作品には感じることがない感覚かも・・・・。

何故かすごくオリーブオイルが目についたんですけど、今思うと、どうしてそんなに気になったのか不思議です(笑)
| 秋花 | 2006/02/24 11:37 PM |
>suzuyaさん
suzuyaさん、こんばんは。
コメント&相互トラックバック、ありがとうございました。

「特集 オンナのエロス」な雑誌か、滑稽なまでにモザイクのかかった挿絵満載のピアスノベルズか。
モザイク満載のピアスですか、うわぁ、ホモ本の中でも最高レベルの究極の選択ですね。
正直に言えば、どっちも絶対に見つかりたくないですー!!
でもでも、私もどちらかを選べと言われたら、やはりピアスノベルズで。
共にヤバイ道を進みましょう(笑)

作者の頭の中に続編があるなら、ぜひ読みたいですよね。
今ヶ瀬は「攻めても良し、受けても良し」な、一人で二粒おいしい人なので、受ける可能性は大ありでしょう v
私は特にどうなって欲しいという希望はないので、作者のお好きなように〜という感じです。
でもまた、それぞれが女と幸せになるラストだったら、それだけはブーイングします。
| 秋花 | 2006/02/24 11:47 PM |
>薔枝さん
薔枝さん、こんばんは。
コメント&トラックバックありがとうございました。

先ほど再度挑戦してみたところ、今度はちゃんと受けつけてもらえました!
この前はどうしてダメだったんだろう・・・・、お騒がせして申し訳ありません。

「はてな」にお問い合わせ、ありがとうございました。
お手数をおかけしました。 m(__)m

また薔枝さんからの素敵なタレコミをお待ちしております☆
| 秋花 | 2006/02/24 11:54 PM |
>かのんさん
かのんさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございました。

最初「簡単に作れる普通のお料理かな?」と思われたとのコメントに、心が洗われる思いがしました。
なんてピュアな! 素晴らしい!
私が遥か彼方に置き忘れてきたものを、まだお持ちのかのんさんがキラキラ眩しいです。

もし読まれたら、感想をアップして下さいね。拝見に伺わせていただきます。
御自身のブログに置くのはちょっと・・・・な内容でしたら、是非こちらでコッソリと♪
| 秋花 | 2006/02/25 12:02 AM |
秋花さんこんにちは!トラバありがとうございました!これ、めっちゃおもしろかったです。久しぶりに「きたきたきたー!」と思いました。
今日本へ帰ってきていて、もうすぐまた中国に戻るのですが、めちゃくちゃがつがつしてます(笑)。持って帰れる荷物の重さと欲望が激しく戦っています(笑)。
これからも楽しいレビュー、お待ちしてますね!
| 水仙ウーロン | 2006/04/01 7:53 PM |
>水仙ウーロンさん
水仙ウーロンさん、こんばんは。
コメント&相互トラックバック、ありがとうございました。

今、日本にいらっしゃるんですね、お帰りなさいませ(三つ指ついて)
日本は最高ですよねー。
本屋にはホモ本がいっぱいで、発売日に手に入って、送料もかからなくて。
私も海外生活をしていた頃、帰国するたびに「日本は腐女子にとってパラダイスじゃのう」と、幸せを噛みしめていました。
戻る際のスーツケースには毎回、BL本がギッシリでした(笑)
その頃はまだ現在ほど荷物検査が厳重ではなかったのと、運も良かったのか、検査官がスーツケースを空けてビックリという事態にはならなかったのですが、今はどうなのでしょうか?
| 秋花 | 2006/04/04 2:25 AM |
秋花さんこんにちは。
TBありがとうございました。
「窮鼠〜」が初・水城さん作品でしたが、この重苦しくて痛い感じにハマリそうです(笑)

>キッシング・グーラミーは、オス同士でチュッチュしている熱帯魚です。

へぇ!へぇ!へぇ!(○ぇボタン連打)
そんな素敵なお魚がこの世に存在していたとは!
フィッシュ萌え〜vV
| 緑月 | 2006/07/17 2:21 PM |
>緑月さん
緑月さん、こんばんは。
コメント&相互トラックバック、ありがとうございました。

初めて読まれた水城作品が「窮鼠〜」で、お気に召されたんですね v
重苦しくて痛い感じがお好きなら、ビブロスから出ている「ヴァイオリニスト」や、花音コミックスから出ている「1999年七の月〜上海」などもいいですよ。
もう絶版になっている作品ですので、もし御興味がおありでしたら、一度古本屋さんで見てみて下さいね。

たくさんのへぇ、ありがとうございます!(笑)
「キッシング・グーラミー」は雑誌掲載時に、表紙に魚の絵が描かれていて、簡単な解説もついていたので、その「へぇ」はぜひ水城せとなさんに♪
| 秋花 | 2006/07/20 12:08 AM |
秋花さん こんにちは♪
ジュディーの小冊子のおかげでいまさらながらに感想をあげてみました。
思えば秋花さんの日記を読んで本屋を5軒まわったんですよ(笑)

普段なら粘着質なゲイの今ヶ瀬が潤滑剤やゴムの準備に余念のあろうハズもない、とゆー気もいたしますが思うにあのオリーブオイルは切羽詰まった余裕のなさの表れなんでしょうかね?(笑)
TBさせてくださいね♪
| ゆちゅらぶ♪ | 2006/08/30 1:36 PM |
>ゆちゅらぶ♪さん
ゆちゅらぶ♪さん、こんばんは。
コメント&トラックバック、ありがとうございました。

用意周到なタイプの今ヶ瀬が、あの時オリーブオイルを使ったのは、切羽詰まった余裕のなさの表れという説に、「なるほど!!」と思いました。
納得です。ものすごく納得〜。
小物ひとつで状況を読ませるとは、水城せとなさん、すごいですね。

今回の短編では、作中の小物にイチジクかんちょーがあったのですが、「それはやりすぎなんじゃ・・・・」と思わず呟いてしまいました。
BLでは見ないですよね、イチジクかんちょー(笑)
| 秋花 | 2006/09/01 9:04 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://homo2.jugem.cc/trackback/323
トラックバック
『窮鼠はチーズの夢を見る』
窮鼠はチーズの夢を見る  水城せとな   小学館ジュディーコミックス 2006.01 …今ヶ瀬…… 俺は お前が怖い……! 随分と他のサイトでも取り上げられ物議をかもしている本作品(大袈裟?)。一読した限りでは、ああ「本物」っぽいのを読んだなあ、
| 月と凌霄花 | 2006/02/22 9:29 PM |
□窮鼠はチーズの夢を見る□
作者>水城せとな レーベル>Judy Comics <あらすじ> 優柔不断な性格が災いして不倫という「過ち」を繰り返してきた恭一。ある日彼の前に妻から依頼された浮気調査員として現れたの
| ガクヤウラ | 2006/02/23 12:38 AM |
窮鼠はチーズの夢を見る
窮鼠はチーズの夢を見る ジュディーコミックス水城 せとな 小学館クリエイティブ 2006-01-26売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools 私にしてはめずらしく、新刊でございます。
| にゃんこのBL徒然日記 | 2006/02/23 9:36 AM |
窮鼠はチーズの夢を見る
【窮鼠はチーズの夢を見る】 水城せとな (ジュディーコミックス) 「あの頃…、  貴方を好きだなんて言えるはずもなかった僕は  …ただ、それを口実に  貴方の指に触りたかっただけなんです  気持ち悪いでしょう?」   【あらすじ】
| plastic-paradise | 2006/02/23 7:16 PM |
タイトルの意味がいまいちわからないのですが。
在宅でしていた仕事が終わりました。今回チェックしていた原稿に、「誘いを受け入れるときはSure.という」という文面があったのですが、私はいっしゅん、「誘い受けですと!!」とびび
| いってしまうわ | 2006/02/24 12:46 AM |
窮鼠はチーズの夢を見る 水城せとな
コミック化を願いに願ってたので、良かったな〜と安堵。 これで読み逃した人にも萌えを届けられる…。 各話の感想はこれまで偏執狂のように感想書いてきましたから省くとして、書き下ろしの「黒猫、月を見る」 先輩…可愛い〜。可愛いすぎる〜。 しかし、これできっ
| 薔枝の読書日記 | 2006/02/24 12:19 PM |
窮鼠はチーズの夢を見る(水城せとな)
窮鼠はチーズの夢を見る ジュディーコミックス水城 せとな 小学館クリエイティブ 2006-01-26売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools ボーイズラブ・レビュー(コミック) ……なんだこの微妙なボーイズラブ漫画は。 いや、面白かったです。
| ボーイズラブを読む! | 2006/03/10 10:28 PM |
「窮鼠はチーズの夢を見る」水城 せとな
窮鼠はチーズの夢を見る ジュディーコミックス 水城 せとな 久々の更新。 しかもBLの紹介です。 京橋の大阪書店はあなどれない… ちょっと前にこの本がほもほも日記で紹介されたときに「あーチェックしとかななー」とは思っていたのですが、仕事が忙
| FOR TOMORROW | 2006/03/28 11:56 PM |
激面白い!窮鼠はチーズの夢を見る 水城せとな
うーわー。 みなさんのレビューを見て、すんごい楽しみにしていた漫画です。 '''ラブ、エロ、切なさ、執着、すべてハイレベル'''なラブストーリーです。 水城さんの同棲愛にしてやられた(阿鼻叫喚の最終巻)傷がまだ癒えていないのですが(
| 腐母の会 | 2006/04/01 7:49 PM |
窮鼠はチーズの夢を見る/水城せとな
『窮鼠はチーズの夢を見る』水城せとな ジェッツコミックス 2006/1 ★★★★ この作品、さまざまな所で取り上げられ、絶賛されているのを見てはいたのですが、以下の理由から読むのを躊躇っていました。 その1:話がシリアス…っていうか暗そ
| BeLoved Life | 2006/04/18 12:26 PM |
窮鼠はチーズの夢を見る
窮鼠はチーズの夢を見る 著:水城せとな ジュディーコミックス(2006.03) ■STORY 優柔不断な性格が災いして不倫という「過ち」を繰り返してきた恭−。ある日彼の前に妻から依頼された浮気調査員として現れたのは、卒
| 8mm | 2006/07/17 2:11 PM |
窮鼠はチーズの夢を見る/水城せとな
わぁ!気付けばいっこも感想を書かないうちに7月が終わろうとしています、という事で慌てて書く復活第一弾がこれですか(笑)これが例の「窮鼠〜」ですか、なんていうか、むむむ…いや普通に面白かったんですけど...
| kotonone::詞の音 | 2006/08/05 10:59 AM |
素敵な奥さんにBLのススメ
窮鼠はチーズの夢を見る ジュディーコミックス 水城 せとな みなさま、そろそろ朝夕はかなり涼しく過ごしやすくなってまいりましたね♪ うちは夜中はクーラー消して扇風機を回すのですが、近頃ではそれさえも手足が冷え切ることもしばしば。 なのに殿方
| 水中雑草園 | 2006/08/30 1:39 PM |