ほもほも日記

ホモ本を愛するすべての人に・・・・
御案内
   このブログはボーイズラブと呼ばれる
   ホモ本の感想日記です。

右に表示中の日記タイトル
カテゴリー別
過去の日記 (月別)
BBS & BOOKLOG


   掲示板

   本棚(ブクログ)

   ミラーブログ


最新コメント
最新トラックバック
LINKS


  BL関連サイト

    Wonderful Life
    ゆすらうめ異聞
    never satisfied
    orange drop
    8月01日の妄想


  相互ブログ



  
OTHERS



JUGEM 広告エリア
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
楽園にあなた、一番近いホモ。
近頃はやりのベルベット。
黒のジャケットを買いました。

どの店にもベルベットのジャケットは置いてあって、全て同じ素材に見えたのに、ブランドによって呼び方が違ったのが不思議でした。
ある店ではベルベット、ある店ではベッチン、他ではベロア、ビロードなど。
あれらは同じ物だったのか、違う物だったのか、気になったので調べてみました。

すると、ベルベットはビロードの英語読み、ベッチンは別名「綿ビロード」でビロードの一種、ベロアはベルベットのフランス語。
要はどこの国の言葉かという違いで、全部同じみたいです。
服飾業界では、織り方や糸の素材によって、この4つを区別しているみたいですが、説明がマニアすぎてよくわかりませんでした。

ビロードは日本での呼び名で、ポルトガル語(又はスペイン語)のベルードが訛って、ビロードになったようです。
そしてビロードは漢字で書くと「天鵞絨」 ・・・・・やっとホモ本に繋がった〜!!

今日のホモ

「天鵞絨の仮面」 松岡なつき(絵・櫻井しゅしゅしゅ) 小学館 パレット文庫

ルイ13世陛下直轄の、固い結束で結ばれた銃土隊に所属するアルノーとジャン。
人気者だが、銃士隊一の問題児にして色男のジャンは、美しいアルノーがお気に入り。
ある朝、ジャンの介添えとして決闘に出かけたアルノーは、王に反発するリシュリュー枢機卿に捕まり『イギリス子爵のアーサーを誘惑しろ』と命令され・・・。


松岡なつきの、もうひとつの近世フランスものです。
ルイ13世の時代ですので、「華やかな迷宮」に出てきた小姓とエロ三昧のホモ王の、次の次の王の時代になります。
詳しい年代はわかりませんが、あとがきによると「三銃士」の頃の物語らしいです。

さて、内容ですが、とっても良かったです。
エロい、エロい、エロい、最後はラブい。

ただ、受けは複数とエッチしないで派の人には、受け入れられない内容だと思います。
主人公のアルノーはスパイ活動のため、まず男を虜にする性の技巧を習わされ、情報を手に入れるためにイギリス子爵を誘惑するので・・・・。
そんなアルノーの影の姿を知り、苦悩しつつも想いを断ち切れない、親友のジャン。
このシチュエーションは、かなり萌えーでした。

既読の松岡作品の中で、エロに関して言えば、この作品が一番良かったです。
何故ならそれは、「ファルス」が出てこなかったから!!(笑)  → 関連日記
今まで「ファルス」という単語が出てくる度に、「この表現はちょっと・・・・・」と引っかかって、気が殺がれていたのですが、無かったらスッと流れに乗れました。読みやすかったです。

男性のアレほど、様々な呼び名を持つものは無いですが、どの単語を使ったらいいかは、本当に選択が難しいですよね。
「ファルス」は気にはなるけど、笑ってしまうほどではないので、私的にはOKの範囲です。
私が読んだ本の中で最高に強烈だったのは、「YES・YES・YES」というゲイ小説で使われていた「ナルシス」でしょうか。著者は比留間久夫。
男娼である「僕」の一人称で語られる小説だったのですが、こんな風に使われてました。

エデンに加えられる快感と、ナルシスに加えられる快感が、互いに分離しないで、一つになってしまうのだ。  (中略)
僕はまるで自分が本当に「女」であるかのような錯覚に導かれた。だってエデンの「深淵」に、セレナーデを激しくかき鳴らされながら、本当に女のように、いくって感じになっていくんだから。

Pがナルシスで、Aがエデン。 凸がナルシスで、凹がエデン。
笑ってもいいですか。 この衝撃にはどうやって耐えたらいいのでしょうか。
彼は初体験前はアナルを「未知」と表現していました。そして経験後は「エデン」に昇格。
自分の肛門を「楽園」と比喩するなんて、なんという自信!!
さすがにこれは自己陶酔が過ぎていて、読めば読むほどドン引きでした。


天鵞絨(ビロード)の仮面
| 小説 | 00:00 | comments(12) | trackbacks(3) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | ↑PAGE TOP



コメント
秋花さん、こんにちは。

ファルスがなかったんですか〜。ほー。じゃあ買ってみようかな(笑)最近松岡さんご無沙汰なのでまた読みたくなってきました。

それにしてもBL界ではPでもAでもいろんな表現がありますよね〜。ざっと読んだ(見た)事がある言葉を思い浮かべるだけでも・・・Aなら
「ファルス」「蕾」「後蕾」「秘孔」「秘穴」「恥穴」「ア○ル」「アヌ○」「蜜壷」「後孔」「後肛」「肛門」「後ろ」「窄まり」などなど・・・
Pなら「男根」「雄根」「雄蕊」「雄芯」「熱」「塊」「ぺ○ス」「男」などなど・・・
私が個人的にぶっ飛んだのは、吉田珠姫さんの「神官は王に愛される」のいう作品で出てきた、「お腰の剣」という言葉です(笑)
こいつはまいった〜って感じでしたね(笑)っていうか、人様のブログコメント欄に、変な単語ばかり並べ立ててごめんなさい・・・
| ぽん | 2005/10/20 6:23 PM |
ぽんさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

この作品、松岡作品にも関わらず、「ファルス」が出てこなくて驚きました(笑)
まだ続いているみたいなのですが、これ1冊で恋愛の行方はまとまってますので、続巻を待ってジレジレにはならないと思います。

すみません、ひとつだけ・・・・・。 「ファルス」はPの方なんです。
私の関連日記での書き方が悪かったので、勘違いされたのかも。ごめんなさい。

PとAの表現、これだけ挙がっていると壮観ですねー!!
どれもこれも見たことのある単語ばかりで、「あるあるあるある」とパソコンの前で感嘆してしまいました。
これだけの量を思い浮かべられる、ぽんさんを尊敬の眼差しで見てしまいます。すごい。

「お腰の剣」には笑わせていただきました。なんじゃそりゃー。
吉田珠姫さんは「石黒氏」が合わなくて挫折してしまったのですが、再挑戦もいいかも。
って、「お腰の剣」という単語見たさに買うのって、どうなんでしょう?(笑)

私自身がエロ単語を連発していますので、お気になさらず、どうぞどうぞ♪
| 秋花 | 2005/10/21 7:14 PM |
こんにちは。
あまりブツ(?)の表現について深く考えてなかったので、「ファルス」にも、とくに何も思わず読み続けていました。
そして、この本には出てこなかったことにすら気付いてませんでした。
ところで、私が過去に読んだゲイ小説はすべて「コック」って書いてあったです。
どれを読んでも。ってそんないっぱい読んでないんですが。(^▽^;)そのときの流行だったのでしょうか。
TBさせてくださいね。
| あすた | 2005/10/23 12:16 PM |
>あすたさん
あすたさん、こんばんは。
コメント&トラックバック、ありがとうございました。

私もゲイ小説はあまり読んでないのですが、「コック」という表現を見たことがあります。
ゲイ小説には結構、直截的な表現や単語が多いですよね。
「コック」とか、「ディック」とか、「ファック」とか・・・・・。
う〜ん、なんて萌えない表現だ!(笑)

松岡さんの「ファルス」も、そのあたりを連想させるので、少し気になったのかもしれません。
といっても、あすたさんは何も思われてませんでしたし、他、大多数の読者の方も全く気にされてないんだろうなぁと思います。
はっ・・・、こんなにも「ファルス」に拘っているのは、私だけ!?(衝撃)
| 秋花 | 2005/10/23 11:20 PM |
こんばんは、秋花さん。

そうですねぇ…ほんといろんな単語ありますよねぇ…
ちなみにゲイ小説では「コック」とか「ディック」とか「ファック」などの直截的な表現が使われていたということなんですが…

基本的にアメリカのスラムとかで使われている…要するにスラングから来てるからなんでしょうね。
元々ゲイとかってダウンタウンとかに多かったとか聞きますし。それもあってゲイ小説では
「ホンマもんのゲイはこんな単語使うんじゃい!」
とリアリティを追ったものと考えています。

ちなみに私も「ファルス」は気になる人です。
けれどまだ読み飛ばしてなんとかなります。

題はあまりの衝撃にもう忘れてしまったのですが、先日読んだBL小説にAが「秘密の花園」とか「禁断の花園」とかあってさすがにそれには耐えられませんでした…ううう…
華美に表現されると、死にそうになるのは私だけですか?
| 真琴 | 2005/10/25 9:30 PM |
>真琴さん
真琴さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

「秘密の花園」に、目玉ぼよよーんでした。
受けのアナルは秘密の花園。 誰も知らない秘密の花園・・・・。
松田聖子もビックリですね〜!!

ぜひぜひ、そのBL小説のタイトルか作者を思い出して下さい♪
どんなトンチキなエッチシーンが繰り広げられていたのか、ものすごく興味があります。
面白さも、ストーリーの有無も求めません。
その単語を見て爆笑できたら、内容はもうどうでもいいです(笑)

話題が前後しましたが、真琴さんのスラング説、「なるほど!」と膝を打ちました。
確かにゲイ小説って海外文学の翻訳物が非常に多いですし、アレらをどう日本語に訳すか表現方法に困って、そのままカタカナにしちゃったんでしょうね。
で、その流れを汲んで、ゲイ小説ではスラングのままのリアリティ系が主流になったけど、「僕はスラングは美しくないから嫌だ」と思った人が、「ナルシス」「エデン」のような自己流の表現に走ってしまったと(笑)
| 秋花 | 2005/10/26 11:08 PM |
この名前でははじめまして。たいしてBLも読んでないのに現れてみました。
わたしの中でもっともしっくりとくるPは 肉棒 です【笑】Aは … あ 興味ないや【笑】
| じゃ子 | 2005/10/30 3:03 AM |
>じゃ子さん
じゃ子ちゃん、こんばんは。
遊びに来てくれて、どうもありがとう。

私が馴染みのあるPの表現は、「××自身」(××には攻めの名前が入る)とか、「欲望」あたりかな〜。
「肉棒」はエッチシーンで出てきたら、間違いなく笑ってしまうことでしょう。
ボーイズラブで「肉棒」は・・・・・、使わんわ!(笑)
| 秋花 | 2005/11/01 12:32 AM |
こんにちは。私も、ベルベットとベロアの違いについて気になり、記事にしました!TBさせて頂きましたのでよろしくお願い致します。
| 小林あお | 2005/11/01 10:17 PM |
>小林あおさん
小林あおさん、はじめまして。
私が「服飾業界の区別はマニアすぎて〜」と、はしょった部分を詳しく説明されていて、興味深く拝見させていただきました。

私のブログは内容が特殊で、かつブログタイトルもアレなので(笑)、こちらからのトラックバックは自粛させていただきますね。
トラックバック&コメント、ありがとうございました。
| 秋花 | 2005/11/02 10:37 PM |
秋花さん、こんばんは。
「天鵞絨の仮面」、筆記試験の帰りに読了しました。
ベッドシーンの挿し絵が人前で広げられなかった。
ジャンのアルノーに対する愛はひたむきでいいですv
萌えましたよ〜。
「F&B」もいいけど、歴史好きにはたまりません。
| 千菊丸 | 2006/04/02 11:37 PM |
>千菊丸さん
千菊丸さん、こんばんは。
着々と松岡なつきさんの作品を読み進められてますね。
「F&B」「天鵞絨の仮面」と来たら、次は「華やかな迷宮」でしょうか。
これも歴史好きにはたまらない作品です。

「F&B」最新刊は電車でも全く気にせず読めますが、この作品は人前で読むにはちょっと勇気がいりますよね。
| 秋花 | 2006/04/04 2:50 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://homo2.jugem.cc/trackback/300
トラックバック
天鵞絨(ビロード)の仮面
久々にパレット文庫を読みました。 久々に読んで驚きました。 確か、私が結構読んでたころは、「キス」「おさわり」はOKだけど、合体(笑)の描写はダメってルールがある、って聞いてました。 そして対象年齢は中高生なので、マニアックなものや、年齢が高い登場人物は
| MOUSOBI@ボーイズラブダイアリー | 2005/10/23 12:27 PM |
ベルベットとベロアの違いって・・・。。
この秋冬、絶対に外せないアイテム、ベロア&ベルベット!! ベロアのジャケットやスカートなどなど、そのバリエーションは豊富。 とにかく流行っているアイテムなので、皆さんの注目度も高いのでしょう。 ブログ記事の中でも、ベロアとベルベットの違いについては多
| 知的にステキ。〜ファッション中辞典〜 | 2005/11/01 10:16 PM |
YES・YES・YES(比留間久夫) 〜頬をさす朝の花園通り
 '''あらすじ'''  自分の中に'''「歌」'''がないことに気づいた'''ジュン'''は、自らを傷つける道をとるために、セクシャリティと異なる世界に踏み込む。  男が、
| EncycRopIdia 〜漫画・映画・書評・グルメなどなど | 2007/05/27 3:18 AM |