ほもほも日記

ホモ本を愛するすべての人に・・・・
御案内
   このブログはボーイズラブと呼ばれる
   ホモ本の感想日記です。

右に表示中の日記タイトル
カテゴリー別
過去の日記 (月別)
BBS & BOOKLOG


   掲示板

   本棚(ブクログ)

   ミラーブログ


最新コメント
最新トラックバック
LINKS


  BL関連サイト

    Wonderful Life
    ゆすらうめ異聞
    never satisfied
    orange drop
    8月01日の妄想


  相互ブログ



  
OTHERS



JUGEM 広告エリア
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
主と従の望みよ喜びよ
日頃の御愛顧に感謝して、『ほもほも感謝デー』として、皆様の好きな設定のBL本を御紹介させていただこうと思います。
掲示板で「みんなの好きなBL設定ってどんなのだろう?」という私のつぶやきに答えて下さった方々、本当にありがとうございました!
まずは一番人気だった「主従関係」のホモ本の御紹介から。

今日のホモ

「この罪深き夜に」 和泉桂(絵・円陣闇丸) 幻冬社・リンクスロマンス

没落しつつある旧家・清澗寺家。その長男の国貴は、幼馴染みで使用人の息子である遼一郎と偶然に再会する。
ささいな誤解から離ればなれになっていた二人だったが、それをきっかけに、国貴は窮屈な暮らしの中の安らぎを遼一郎に求め、彼に惹かれていく。
しかし、遼一郎には命に関わる重大な秘密があった。それを知った国貴は、自らの身体を差し出して彼を救おうとするのだが・・・。


主従関係のホモ本って、沢山ありそうなのですが、実はそんなに多くないです。
「御主人さまぁ、あ〜ん、あんっ」みたいな主従関係はよく見かけますが、皆様が求めてるのはそっちじゃないですよね?(笑)
どうしても越えられない身分の壁がありつつも、お互いを求めてやまない二人・・・・のような純然たる主従関係モノですよね。

この作品の受けは、没落しつつある華族の嫡男で、帝国陸軍中尉でもあります。
攻めは使用人の息子で、かつ受けの幼馴染み。大人になった今は軍人にマークされている社会主義活動家です。簡単に言うと二人は敵対関係。
もう、設定だけで萌え心がバーニング!!
身分違いの恋です。許されぬ愛です。いや〜ん、メロドラマ

軍部が台頭し、社会主義者・共産主義者への弾圧が激しくなってくる大正末期の世相を背景に、裏切ったり、欺かれたり、ドラマチックな展開が繰り広げられます。
なかなか真実が見えない混沌としたストーリーも良かったのですが、何が一番印象に残っているかと言うと、攻めが受けに「濡れてらっしゃる」と言ったことです。
うっわ〜、「濡れている」の尊敬語だよ〜。エロシーンでも敬語だよ〜。
さすが主従関係。ビバ☆主従関係。
| 小説 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(3) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | ↑PAGE TOP



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://homo2.jugem.cc/trackback/153
トラックバック
睡魔の海へと
 昨夜というか、今日は夜遅くまで起きていたのでとても眠たいです  腐…女子です  居間が、腐海へ一歩近付きつつあります  ひどい散らかり具合  いくらカバーをかけてあるからといって、  ホモ漫画ホモ小説少年漫画少女漫画雑多に置きっぱなしというのは
| No,0275 | 2005/10/03 10:29 PM |
この罪深き夜に
この罪深き夜に和泉 桂 幻冬舎コミックス 2003-02売り上げランキング : 6,049おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 全開読んだ「姫君の輿入れ」は、可もなく不可もなくという感じだった
| にゃんこのBL徒然日記 | 2006/02/14 12:08 PM |
この罪深き夜に
このブログでお初の和泉桂さんの作品、大人気シリーズ(らしい)です。 更に初めての再読本です(積読本ではありません!昔読んでいます)。 ええ、そうです、最近蔵書箱の奥から発掘したんです。 奥付見ると2003年2月、勿
| la aqua vita | 2006/10/31 8:46 PM |