ほもほも日記

ホモ本を愛するすべての人に・・・・
御案内
   このブログはボーイズラブと呼ばれる
   ホモ本の感想日記です。

右に表示中の日記タイトル
カテゴリー別
過去の日記 (月別)
BBS & BOOKLOG


   掲示板

   本棚(ブクログ)

   ミラーブログ


最新コメント
最新トラックバック
LINKS


  BL関連サイト

    Wonderful Life
    ゆすらうめ異聞
    never satisfied
    orange drop
    8月01日の妄想


  相互ブログ



  
OTHERS



JUGEM 広告エリア
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
あなたの知らない世界 (知らなくてもいい世界?)
「オヤジ受け」と聞いて、「オヤジ受けする清楚な女の子」の「オヤジ受け」だと思った方、あなたは一般人です。おめでとうございます。

「オヤジ受け」と聞いて、「あんあん言わされるオヤジ」と思った方、あなたはこちらの世界の人ですね。さぁ、どうぞこのまま、お進み下さい・・・・。


先日、S子さんとランチに行きました。S子さんはキャラが立っていて、とても楽しい人です。
キャラが立っているというのは、もちろん褒め言葉ですよ〜。
これ、関西ではタイセツな要素!!

S子さんと私は同じ作品に萌えることが何度かあったのですが、なぜかカップリングは逆になってばかりです。
私の好きなカップリングが王道なことが多く、S子さんは少数派の茨道・・・・。
なぜならS子さんは、「あんあん言わせたいのは若者よりオヤジ」「上司と部下なら、部下受けはありえない!」という嗜好の持ち主だからです。
「年上受け」好きを遥かに越えて、「オヤジ受け」好きを公言しています。かっちょいー。
好きな言葉は「オヤジ」と「下剋上」、そんなS子さんに、今日の日記を捧げます

今日のホモ

「情熱の温度」 木原音瀬(絵・山田ユギ) オークラ出版・アイスノベルズ

吉川隆一の家に、父の入院をきっかけに同じ高校の教師である泉野和昭が彼の世話をしに来るようになった。
自殺をしようとした泉野を助けた父親が、目を離したくなくて頼んだのだ。
数日前に泉野と問題を起こしていた吉川は、暗い泉野に嫌気がさしながらも、自殺の要因が自分にあるかもしれないと、心配で傍を離れられない。
そのうち泉野の意外な一面も見えてきて、吉川は彼を好きになるが・・・・・。


このカップル、高校生(17歳)×英語教師(35歳)です。
受けの年齢が攻めの年齢の倍以上です。「魔女の条件」なんて目じゃないぜ!
高校生×先生カップルはたまに見かけますが、先生が新任教師だったり、教育実習生だったりして、受けが18歳も年上なのは珍しいのではないでしょうか。
しかも物語の終わりには、20歳×38歳になってるし・・・・。

受けの高校教師は、美人でもなく、性格が良いわけでもない、普通のオヤジです。
綺麗で優しい人気者の先生にしておけば、「だから攻めは受けのことが好きなのね」と読者に納得されやすいのに、くたびれたワイシャツを着て、かったるい授業をしている暗い先生。
全くプラスのフィルターが、かかってないよ(笑)
木原音瀬って逃げない作家だなぁ。そんなところが好きなのですが。

一般受けしないカップルかもしれませんが、とても良い物語なので、読んでみてください。
オヤジ受けの話で涙したのは、この作品だけです。
泉野の弱さも臆病さも、すべてを受け入れ、愛し続ける吉川の姿が胸にきます。

情熱の温度
| 小説 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(2) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | ↑PAGE TOP



コメント
はじめまして、こんにちは。
今までストーカーのようにコッソリと此方の日記へと巡回させていただいておりましたエムと申します(*´д`*)

私は今月に入って初めて木原音瀬氏の本を読みました。
第一作は「LOOP」です。
「LOOP」の読み終わった瞬間、一瞬して今まで私が読み漁ってきたBL作家さんたちの頂点に木原音瀬氏がピカーンと輝きました。
ウッカリAmazonで木原音瀬氏の本を大量購入してしまうほどに、現在は大ハマりです(*´∀`*)
そして、管理人様の「木原音瀬って逃げない作家だなぁ」という一文を見て、「そうだよね!そうだよね!」と年甲斐もなくパソコン画面の前で一人頷いてしまいました(気持ち悪い光景)
そんなこんなでコメントを書かせていただくに至ったわけです。
私はもう木原音瀬氏は文学と言っても通用する気がします。
木原氏の小説では、人物が確り汚い部分を持ち、人間として書かれていますよね。
その分、読んでいて、痛々しくて仕方なくなってくることもあるのですが…。

そして、管理人様が書かれている「箱の中」の感想を読む度に、「うわぁ、読みたいー!」と悶えてます。
まだ文庫化されていないようなので、非常に待ち遠しいです。
文庫化されなかったら、オークションで雑誌を競り落とすぐらいの勢いで、木原音瀬氏ラヴ溢れてます(危)
これから痛いと評判の「HOME」を読むつもりなので、軽く悶える覚悟をしております。
何だか支離滅裂なコメントになってしまい申し訳ございません(;´Д`)
これからも此方の感想を参考に、いろいろ読み進めていきたいと思っています。
不肖な者ですが、どうか宜しくお願いします(平伏)
| エム | 2005/02/14 3:57 PM |
エムさん、はじめまして。
いつも「ほもほも日記」を御覧いただき、ありがとうございます。
読んでいただけるだけでも有難いのに、こうしてコメントまで寄せていただいて、本当に嬉しいです。

私も気に入った作家が見つかると、「なにがなんでも既刊本を揃えるぞー!」と突っ走ってしまうタイプなので、似たような行動をされていて、とても親近感が湧きました(笑)
木原さんはもうかなり冊数が出ているのに加えて、ビブロスから出ている初期作品が絶版になっているものが多いので、入手しにくいのが難点ですが、ぜひ頑張って下さいね。
「ファイトー!!」と声援を送らせていただきます♪

「木原音瀬って逃げない作家だなぁ」に共感していただき、ありがとうございます。
私も「そうそう、そうなんだよねー」と思う文章を読むと、パソコンの前で知らず知らずの内に頷いていたりします。
激しく「赤べこ」のように頷いていることもあります・・・・・。
パソコンの前で頷いたり、ニヤリとしたり、爆笑してみたり、確かに客観的に見ると、私って忙しくも気持ち悪い人だ(笑)

「箱の中」早く文庫化してほしいですよねー。
木原さんの作品が掲載されている雑誌は結構買っているのですが、なかなか文庫化されないので溜まる一方です。
私のホモ本をしまっておくスペースは限られているので、もう溢れ出そうで・・・・・。
なので一刻も早い文庫化をー!!、と(笑) ←超自己都合

「HOME」読み終わられましたでしょうか?
あのラストには驚愕しました・・・・。
エムさんが、どのような感想をもたれたか、とても興味があります。
またよろしければ、お聞かせ下さいませ。
それでは、こちらこそよろしくお願い致します。
| 秋花 | 2005/02/15 8:28 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://homo2.jugem.cc/trackback/115
トラックバック
■ 本日の戦利品たち
1.愛すべき娘たち よしなが ふみ とても良かった。 この人の作品に出て来る人達には、一癖も二癖もある人が多い。 そこが面白い所だし、人物像に深みが出ていて薄っぺらな「生きていない人間」を描く人が多い中「生きている人間」を描いている。 よしなが ふ
| || 漫画まみれ || | 2004/08/10 2:03 AM |
情熱の温度
情熱の温度 木原 音瀬 内容(「BOOK」データベースより) 隆一の父親が自殺しようとしていた男を助けた。男を心配した父親は、男・泉野が再び馬鹿な気を起こさないよう、隆一に世話と監視をさせる。が、偶然なことに、泉野は隆一の高校の教師で、隆一は暗い泉野
| m_review | 2005/02/14 3:37 PM |