ほもほも日記

ホモ本を愛するすべての人に・・・・
御案内
   このブログはボーイズラブと呼ばれる
   ホモ本の感想日記です。

右に表示中の日記タイトル
カテゴリー別
過去の日記 (月別)
BBS & BOOKLOG


   掲示板

   本棚(ブクログ)

   ミラーブログ


最新コメント
最新トラックバック
LINKS


  BL関連サイト

    Wonderful Life
    ゆすらうめ異聞
    never satisfied
    orange drop
    8月01日の妄想


  相互ブログ



  
OTHERS



JUGEM 広告エリア
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
君の声が好きだーと 叫びーたい♪
スラムダンクファンの腐女子の皆様、お待たせしましたッ!!
満を持して、BLCDに草尾毅氏が初登場です!!

今日のホモ

「君さえいれば」 ドラマCD 原作:鹿乃しうこ 

耕造と謙二郎は、娘であり妻でもある奈々子亡き後も、一つ屋根の下で暮らし続ける一見仲の良い義理の親子。
しかし実は謙二郎は最初から奈々子の父・耕造に想いを寄せていて、病弱な奈々子も全てを承知で耕造を謙二郎に託したのだった。
真実を知った耕造は・・・?


スラムダンクの主要声優の中で、唯一純潔を守っていた草尾さんが、晴れてBLCDに出演されました。
なんてめでたい。今日は祝いじゃ、お祭りじゃー♪

実は私、桜木花道の声は好きでも嫌いでもなかったのですが、このCDを聴いて衝撃を受けました。
草尾さんの声、ごっつ素敵・・・・・。
今回の役は花道より高めのクリアーな声で演じられていて、何度でも聴きたいような、いつまでも聴いていたいような声でした。
こんなに好みな美声の持ち主だったとは・・・・、聴いてよかった〜!!

エッチシーンに関しては、先に聴いていたSちゃんが 「交尾っぽい」 と評していましたが、その一言がものすごーく的確な表現でした。
耳に残る「はぁはぁ」という音のせいでしょうか?(笑)
まぁ、鹿乃しうこさんの描くエロは、どれもこれも即物的でケダモノっぽいので、雰囲気としては合っているのかも。
エロ以外のシーンは文句なしの上手さでした。キャリアを感じさせる演技に拍手。
これを機に、草尾さんにはBLCDに出続けて欲しいです。
流川(緑川さん)やミッチー(置鮎さん)みたいに、BLの常連になってくれないかなぁ。

ドラマの内容は、義理とはいえ親子で、リバで、オヤジ受けなので、聴く人を選ぶかもしれません。
義父の町田耕造役が石井康嗣さん、義理の息子の町田謙二郎役が草尾さんでした。
石井さんはダンディなオヤジ声なのですが、そのオヤジ声でアンアン喘がれているシーンは・・・迫力がありました。
「これが、オヤジ受けCDの決定版だ!!」と言っても過言ではないでしょう。
オヤジ受け好きの人にはたまらない作品だと思うので、ぜひ一度聴いてみて下さい。

最後のフリートークでオヤジ役の石井さんが、「最近はあれかね、あの、こういう攻める方と攻められる方ってのは、・・・こう・・・ないのかね、その役割って・・・」と、リバに対する感想を、詰まり詰まりおっしゃっていたのが印象的でした。
40代・50代のオヤジ受けの作品は少ないので、今回みたいにアンアンな役はそんなに回ってこないと思いますよ。かわいいなぁ。

君さえいれば ドラマCD
| ドラマCD | 00:00 | comments(4) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
発射時の男の声を聴き比べてみよう!
こんなにも繰り返し聞いたエッチシーンは他には無い!!
・・・というホモエロ・ドラマCDを御紹介します。
何度聞いても、本当に飽きないです♪

今日のホモ

「眠れる森の王子様」 ドラマCD (原作:大槻はぢめ リーフ出版)

今年の春、念願のN高校に無事入学が決定した根本晃司は、部屋の片付けをしようと押し入れを開けたところ、懐かしい一冊の本を手にする。
『ねむりの森の姫』、幼い頃大好きだったその絵本をぱらりと捲った晃司は、突然襲った光に包まれて、気付けば自分の知らない異世界へと連れて来られてしまう。
そこは、まるで『ねむりの森の姫』の世界。美形の王子様と美形の騎士。
ただ違うのは、王子様はやたらとガラが悪く、騎士はやたらと無愛想。
三人の奇妙な旅が始まった。


根本晃司役の山口勝平さん、ジークフリード役の川島得愛さん、エスター役の関俊彦さん、この3人の掛け合いがとても楽しいCDです。
まぁ、ストーリーは特に目新しくもなく、どこかで聞いたような冒険ファンタジーなのですが、最後にすごい爆弾がしかけてあるんですよ〜。

それはズバリ、エッチシーンなのですが、普通のドラマCDとは一味も二味も違います。
物語のラストに想いが通じ合ったジークと晃司がエッチするシーン、最高の最高!!
勝平さんのあえぎ声がかわいいとか、そんな煩悩が吹き飛んでしまうくらいの効果に、耳がダンボになりました。
何がそんなにすごいかというと、ギコギコした後、攻めが果てる時に

「アッ・・・・・、ンガグッ

って言うんです〜!!
「ンガグッ」で発射ですよ、「ンガグッ」で!!
そ・・・その果て声は、限りなくサザエさんのエンディングに似ているッ!!

サイコー、ブラボー、スタンディングオベーションで拍手です。
川島さんの声が美声だけに、よけいおかしさが増して・・・・・。
あー、こんなに笑ったエッチシーンは、は・じ・め・て〜

眠れる森の王子様
Amazon にCDの画像が無かったので、小説の画像を載せておきます。
| ドラマCD | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
変態は 変態性欲の略だよと 国語辞典が言っている・・・・
久々のドラマCDの感想です。
今回のシリーズは、攻めの変態っぷりについていけませんでした。
私の完敗です。なんだかちょっと悔しいかも(笑)

本日のCDレビューはかなり下品な内容ですので、お嫌いな方は飛ばしてくださいませ。
よろしくお願いします(ぺこり)

今日のホモ

「無敵なぼくら」 2〜4+番外編 ドラマCD (原作:成田空子 講談社X文庫)

生徒会長の露木智司(攻め)と、やんちゃサッカー部員の水沢渉(受け)との、やりまくり高校生活物語です。タイトルどおり、彼らは無敵でしたね〜。
保健室をラブホテルがわりに使うは、学校の備品をエッチアイテムに使うは、本当にやりたい放題・・・・。

それにしても、成田空子さんの話って、元気可愛い受けが、美形変態攻めに、毎回いやだいやだと抵抗しながらエッチされて・・・・っていう設定ばっかりなんですね。
うーん、いつまでもイヤイヤ言ってるだけの受けは、私の好みではありません。
そんなに嫌なんだったら、攻めの××を蹴って逃げたら?・・・・とか思っちゃいます。
(まっ、お下品ざます!!)

攻めが変態さんなので、1作品につき1アイテムの異物挿入がありました。
この「無敵なぼくら」シリーズを、スズキちゃんが「異物挿入シリーズ」と呼んでいましたが、まさにそのとおりでした。ナイスネーミングだよ、スズキちゃん!!(笑)

挿入アイテムは

ピンポン玉 → アルト笛 → 極太マジック → こけし

だったのですが、あはは・・・・・、気持ち悪かった!!!
特に音楽準備室にあったアルト笛!!
そのまま戻しておいたんじゃないでしょうね・・・・。
ちゃんと洗ってもダメ。汚れは落ちても穢れは落ちない。
変態なのは別にかまわないんですけど、公共の備品を使うのはやめて欲しいなぁ。
こんなの学校に代々伝わる怪談話よりも、ぞっとする話だよ・・・・。

ストーリーはありきたりの繰り返しで、設定にも無理がありますが(攻めは1年生だけど優秀なので生徒会長とか・・・どんな高校や!)、声優さんは上手でした。
というか、そこしか誉めるところないしー!!(笑)
勝平さんの受け声はひたすら可愛く、露木役の成田さんの攻め声はひたすら変態っぽく。
おふたりともいい仕事されてました。名演だったと、思います。

無敵なぼくら
Amazon にCDの画像が無かったので、代わりに文庫の画像を載せておきます。
| ドラマCD | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
酸欠になるまであえぐのがプロ!!
毎日毎日エロネタ続きで、私の人格が疑われそう・・・・。
でも昨日聞いたCDはこの2枚だけなので、レビューできるのもこれだけしかないのです。
あはは〜、書いちゃえ、書いちゃえ!!(笑)

今日のホモ

「小児科病棟へいらっしゃい」
「小児科病棟の危険な夜」   ドラマCD (原作:成田空子 ラピス文庫)

タイトルを見て、正直びびりました。
ま・・・まさか、小児科に入院した子どもを・・・じゃないでしょうね・・・。
私、ショタものは嫌いです。
それ以前に、そんなの犯罪、犯罪よぉぉぉぉぉ!!
ラピスだしな・・・あのレーベルだったら、やるかもな・・・と、嫌な予感が。
ラピス文庫はプランタン出版となっていますが、大元はあのフランス書院です。
「フランス書院って何?」と思ったキヨラカなあなた、お兄さんかお父さんに聞いてみましょうね☆

うそうそうそうそ、絶対聞いちゃダメですー!!!!

はっ、話がずれた(笑)
こわごわ聞きはじめると、内科病棟が満室のため小児科病棟にまわされた中学生(14歳)が主人公だったので、少し安心しました。
13歳未満だったら、お互いの同意の下であっても「強制わいせつ罪」が成立してしまいますからね〜。
ホモエロCDも、やはり刑法176条は気にして作っているとみた(笑)

ラピスレーベルはじめてのドラマCDということで、力が入ってました。
「作品に」じゃなくて、「エロシーンに」ですけど。
受け役は山口勝平さんだったのですが、そのシーンが長すぎて、最後の方はあえぎすぎで酸欠みたいになったそうです。
そこまでやるとはアッパレ!プロ根性を感じます。

「こんな病院ねぇよ!」「こんな医者やだよ!」「こんなスーパーアイドルいねぇよ!」「こんな小学生も中学生も絶対存在しねーよーっ!!」と、つっこみまくりの数時間ですが、荒唐無稽な話が好きな方は楽しめると思います♪ ←フォローになってない・・・・

小児科病棟へいらっしゃい〓
Amazon にCDの画像が無かったので、小説の画像を載せておきます。
| ドラマCD | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP

1/1